ママ友も悩む?義父のセクハラパターン3選!

写真拡大

長期休暇や年末年始など、旦那の実家で過ごすというママは多いのでは? また、近所に住んでいたり、同居したりしているというママもいるでしょう。しかし、義母や義父との付き合いに悩むママが多いのも事実。相手の態度にかかわらず、やはり遠慮してしまいがち…。イヤだと思うことがあってもなかなか言えないのが悩みどころですよね。なかでもよく見かけるのが、義父からのセクハラ問題。ママ友会でもよく話題になるのではないでしょうか?

●ママ友も悩む?酔っ払い義父のセクハラ

普段は寡黙で、昔ながらの男らしさがある義父。しかしその反動からか、酔っ払うとセクハラ発言連発…というケースは少なくないようです。とくに、親戚が一同に集まる年末年始やお盆などに、よくあることなのだとか。お酒の力と親戚たちがいることで気が大きくなり、「子作り頑張れよ」「夜のほうはどうだ?」など、ママたちが赤面するのを楽しむように、セクハラ発言を繰り返す義父にうんざり…というママ友もたくさんいるようです。また、セクハラ発言にとどまらず、ボディタッチが増えるというケースもあるようなので、要注意!

●授乳期・妊娠中のセクハラに悩むママ友は多い?

妊娠や出産の時期には、一般的に、胸が張って大きくなることがあります。そんな胸の大きさについての義父の発言に、“ドン引き”するママは多いようです。妊娠報告などの際、「最近大きくなってきたと思っていたんだ」と言われることがあります。一般的に考えれば、「胸の大きさの変化=妊娠のサイン」と捉えられますが、「なんでそんなところ見てるのよ…」と否定的に捉えるママは意外に多いのだとか。

また、ネット上では、わざと授乳中の無防備なタイミングを見計らって、部屋に入ってくる、義父の非常識な行動に迷惑するママも散見されました。

●ママ友たちが強く言えないのは遠慮だけじゃない!

「いざこざになるのがイヤで、遠慮して強く言えない…」ということだけが理由ではないようです。例えば、妊娠中に体を触ってくるという行為。考え方によっては「セクハラ」ですが、「孫を楽しみにしている無邪気なおじいちゃん」とも取れますよね。また授乳中に部屋に来るのも同じ。ミルクや母乳を飲む赤ちゃんの顔は、とても可愛らしいです。そんな孫の顔を、純粋な気持ちで見ていることもあります。このように「セクハラ」か「無邪気なおじいちゃん」か判断が付きづらいことも、理由のひとつ。「私の考えすぎかも…」とうやむやにしてしまうママ友は少なくないのだとか。

前述のとおり、一概に「セクハラ」と断定できないのが難しいところ。しかし、基準が曖昧だからこそ、イヤならハッキリと言うべきなのかもしれません。自分で言えないなら、旦那や義母に助けを求めるというのもひとつの方法です。早めに手を打っておくと、義実家と良好な関係を築けるかもしれませんよ。

(文・明日陽樹/考務店)