12日、中国メディアの新浪は、海上自衛隊の大型護衛艦「いせ」が南シナ海を航行する際、「中国の諸島」付近を通らないルートとなる見込みだと伝えた。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2016年4月12日、中国メディアの新浪は、海上自衛隊の大型護衛艦「いせ」が南シナ海を航行する際、「中国の諸島」付近を通らないルートとなる見込みだと伝えた。

護衛艦「いせ」は多国間訓練「コモド」に参加する予定で、自衛隊によると、「いせ」の航行ルートは、以前に米国が通ったルートとは異なり、「中国の諸島」付近は通らないという。しかし自衛隊によると「中国に対する強力なメッセージを送ることになる」のだという。

これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「中国の諸島を回避するのは正常で正しい」
「中国政府はこれ以上弱腰なるべきではないな」
「中国は何隻かの艦船と戦闘機を送って迎えるべき」

「これはもう出撃するしかない」
「12カイリ以内に入ってきたら沈めろ」
「日本は中国が手出しできないと知っているんだよ」

「日本は中国を虎視眈々(たんたん)と狙っているのに、中国人は日本旅行に行く」
「今こそ中国人は目覚めるべき。日本旅行に行って買い物をすべきではない。日本はそのお金で武器を作って中国を威嚇する」

「日本の海上戦力は中国海軍にかなわなくなっているかもしれないが、米軍とはまだ差があるから戦争すべきではない」
「なんか多くの人が南シナ海は全部中国のものだと勘違いしてないか?」(翻訳・編集/山中)