imisiru_bear1

写真拡大


こんにちは、僕の名前は“がんばんべあ”。世の中の人やモノゴトへの応援ソングを歌う、くまミュージシャン。このたび、世界初!? のくまライターとしてデビューしたべあ。記事では、自分が応援している新商品をレビューしていくべあ。ちなみに僕は、女子にキャーキャー言われたいから、使ったらモテそうなモノやサービスを応援したいんだべあ!


今回ご紹介するのは、キングジムから4月22日に発売されるワードリーダー『イミシル』。この製品は、分からない外国語をカメラで読み取ると、何とその単語の意味を知ることができる、まさにその名の通りの機能を持ったスグレモノ! これは、女子の前でさりげなく使ったら……絶対モテるべあ! 早速使ってみるべあ!



まず、本体デザインは、つや消しのブルーと光沢感のあるオレンジで構成されていて、オシャレ! 背面にはカメラレンズと照明用LEDが付いている。


ディスプレー面には8コのボタン。ポケットサイズで持ち運びに便利なのに、ボタンも割と大きめで、僕の手でも使えるべあ♪


電池は単4型乾電池2本で駆動。充電環境がなくても使えて、お手軽だべあ!


まず韓国料理と中国料理のメニューを使って、わからない単語を読み取ってみるべあ! 『イミシル』で読み取れる言語は、日本語、英語、韓国語、中国語(簡体字、繁体字)の5種類。なんと9つの辞書が搭載されているべあ! ネット接続も不要だからどこで使っても安心。


最初に、韓国料理屋のメニューを読み取ってみるべあ。もし韓国旅行に行って、入ったお店のメニューが韓国語だけで書かれていると、どうしていいかわからないべあ。




こんな時は、『イミシル』の電源ボタンをオンして、言語を選び、あとは知りたい単語を画面のガイド内に合わせて、読み取りボタンを押すだけ!



出た。読み取ってから2〜3秒で翻訳が出たべあ。これは、牛カルビ焼肉!? 食べたいべあ。早速注文するべあ! これは何? あ、生ビール!? 頼むに決まってるべあ! これは、楽しくて注文しすぎないように注意が必要だべあ!




続いて、中国語のメニューも。言語を中国語簡体字に合わせて使用。ちなみに簡体字は中国本土、繁体字は台湾や香港、マカオなどで使われることが多いらしい。こちらも全く読めないけれど、『イミシル』を使うと……出た、北京ダック! 早速注文するべあ。これは何だろう。え、子豚の丸焼き!? だめだ、確実に頼み過ぎちゃうべあ。でも、これがあれば、思っていたのと違う料理を頼んでしまうこともなく、超便利!!




さらに『イミシル』は、いろいろなことに使えるべあ。日本語の辞書も搭載されているので、例えば、読み取りを縦書きモードにして、新聞の分からない言葉を調べることも可能! 新聞は、僕にはちょっと難しいから、これを使いながら新聞を読むと、便利! これで新聞を読んでデキるビジネスマンになったら、確実にモテるべあ!


この便利なグッズ『イミシル』。僕もぜひ力を入れて応援したいべあ! というわけで、『イミシル』への応援歌を作ってきたので、歌うべあ!

♪デッデレデーデ デッデッデーデ デッデレデレデレデ♪
がんばんべあ がんばんべあ 『イミシル』使って がんばんべあ♪
海外の レストランで スマートに注文するべあ♪
僕も海外旅行に 行こうとしたら
空港で止められて 追い返された♪
がんばんべあ!

「お前ら〜! もっと来いよ!!」
「叫べ〜〜〜!!」
「アリーナーーーーーーーッ!!!」

決まった……。


『イミシル』は2016年4月22日に発売、価格は1万2000円(税別)。『イミシル』使ってがんばんべあ!

ワードリーダー「イミシル」 | KINGJIM
http://www.kingjim.co.jp/sp/imisiru/

【あなたを応援します】 がんばんべあ エピソード1(YouTube)
https://youtu.be/zletQ9arOSo

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: がんばんべあ) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか