「姉さんて呼ぶな!」アラサー女子が世間に物申したいこと10選

写真拡大

アラサー女子が世間から受ける風当たりはどことなく冷たい。
いちいち腹を立てるのもシャクだし、大人げないから黙っているけど、実はアラサー女子たちがムカついていることをリサーチしました。

小さな愚痴もコツコツと

小さなことだけどちょっとムカつく。
そんな、アラサー女子たちの心の叫びをピックアップ!

●その1:「姉さん」って気安く呼ぶな!

20代前半の女子に多いのが、自分より年上だとわかると急に「姉さん」と呼んでくるやつ。ちゃんと名前で呼んで欲しいし、いつも内心「オメエの姉さんじゃねーよっ」と毒づいている。

●その2:おばあさんに「オバサン」と言われた!

還暦をとうにすぎたおばあさんが、自分の孫に向かってこう言っていた。「オバサンにお礼を言いなさい」と。だいぶたってオバサンが自分のことだと気づき、人知れずモヤモヤしている。

●その3:今さらオバサン体型!?

昔からぽっこりお腹の『幼児体型』だったのに、アラサー世代になったとたんに『オバサン体型』という目で見られるのは理不尽すぎる! ずっとこのままなんですけど!

●その4:「いい年して」って言うな!

とくに親は、服装や生活習慣にケチつけるとき、なにかと「いい年して…」と言う。服までオバサンぽくしたら引き返せなくなるので、その手には乗らない!

●その5:オマエも同類だ!

年下の友人が自分と2〜3個しか違わない同僚のグチを言うときに「あのオバハン」と言っていた。自分もアラサーなのを忘れている棚上げ女って頭悪すぎ。

●その6:「結婚は?」「子どもは?」

アラサーとわかったとたんハイエナのように「結婚は?」「子どもは?」と質問攻めにしてくる奴ばかり。他に聞くことないんか? 先進国ぶってても日本はまだまだ遅れている!

●その7:「肌、キレイですね」と急に誉めるな!

悪い気はしないんだけれど、アラサーとわかったとたん「肌、キレイですね」と誉められるのはあからさま過ぎる。虫の居所が悪いと、どうせオバサンをおだてる常套手段だろ? と意地悪な気持ちに。

●その8:「恥ずかしがる年じゃないだろ」

男性と初ベッドインでモジモジしていたら、「恥ずかしがる年じゃないだろ」と言われた。いや、分かってるけど、ベッドトークでそれはないだろ!

●その9:わざとらしく「そこのお姉さん」と呼ぶな!

とくに客商売のひとたちは「お姉さん」と呼べば喜ぶと思っているヤカラが多い。その発想自体が古いんだよ! 

●その10:「全然シワないね」って無遠慮に見つめるな!

アラサーのイメージがシミやシワしか浮かばない貧相な発想力にうんざり。肌がボロボロの10代もいれば、ピカピカの30代もいるんじゃ。文句あっか!?

あまりにも凝り固まった世間のアラサーイメージに、もはや怒りを通り越して呆れているあなた。
溜め込むのはよくありません。
女子会など毒を吐ける場所を見つけて、ときどきは吐き出しましょう。

Written by Gow! Magazine編集部
Photo by Eddiepics