<東建ホームメイトカップ 事前情報◇13日◇東建多度カントリークラブ・名古屋(7,081ヤード ・パー71)>
 4月14日(木)に開幕する国内男子ツアー第3戦『東建ホームメイトカップ』。“国内開幕戦”となる同大会に43歳にして日本プロゴルフ協会(PGA)のプロテストに合格した中井学が出場。“オールドルーキー”のツアーデビューとなる。
【関連】契約するPINGの発表会にプロコーチとして登壇する中井学
 高校卒業後に渡米してゴルフ理論を学び、プロコーチとしてツアープロへの指導、アマチュアへのレッスンを行ってきた中井。独自の理論でゴルフメディアへ出演するなどの活動を行ってきたが、「ゴルフ界への貢献をするため、発言をするためには必要なこと」と一念発起しプロテストを受験すると昨年9月の最終テストを2位タイで突破した。
 QT順位は717位だが今大会は推薦により出場。「(コーチとして)ロープの外は歩いたことがあります。フェアウェイど真ん中は歩いたことがないですよ。僕は指導している側なので客観的に見て“どれくらいのレベルがないと残れない”ということはわかっている。“ギリギリいけるかな?”と思っています」と笑う。
 チャレンジツアーへの出場はあるもののレギュラーツアー初出場。練習日は指導経験がある注目ルーキー・長谷川祥平と練習ラウンドを行い、前日も雨模様のなか入念にパッティング調整。44歳の誕生日となる初日は「“いつからでも挑戦できるんだ”ということを重ね合わせてもらえたら光栄です」とこれまでのゴルフ人生をぶつける気持ちで戦う。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【プロの履歴書】スピースと同じ日生まれ 大型ルーキー長谷川祥平
【ギアNAVI!】アマチュアが選ぶドライバー“ぶっ飛びランキング”