スピルバーグ新作題材はカトリック教会の司祭エドガルド・モルターラ。

写真拡大

スティーブン・スピルバーク監督が、書籍「ザ・キッドナッピング・オブ・エドガルド・モルターラ」を映画化するようだ。

ピューリッツァー賞を獲得した1997年発刊のデイビッド・ケルツァーによる同名著作を、スピルバーグ監督自身の製作会社アンブリン・エンターテインメントを通じて映画化するとDeadline.comが報じている。

この作品は1858年にイタリアのボローニャで誘拐されたユダヤ人の少年が、密かに洗礼を受けさせられたあげく、家族の元から連れ去られ、カトリック教徒として育てられるストーリー。しかし少年を取り戻すことを諦めなかった両親が息子を取り戻そうとする過程の中で、教皇制度と民主主義運動、およびイタリア統一運動間での抗争を引き起こすことになる。

同作には今年度アカデミー賞助演男優賞を獲得した最新作「ブリッジ・オブ・スパイ」、今年度公開予定の「オ・ヤサシ巨人BFG」とスピルバーグ作品への出演が続いているマーク・ライランスが、ローマ教皇ピウス9世役として出演することが決まっている。

「ザ・キッドナッピング・オブ・エドガルド・モルターラ」の製作陣には「ブリッジ・オブ・スパイ」のマーク・プラット、クリスティ・マコスコ・クリガーが参加し、2017年初旬から製作をスタートした後、同年末に公開の予定だ。

なお、スピルバーグ監督は現在、アーネスト・クラインによるベストセラー小説「ゲームウォーズ」の映画版「レディ・プレイヤー・ワン」に取り掛かっている。