【スラムダンク奨学金8期生・猪狩渉インタビュー@後編】

 スラムダンク奨学制度(※)でアメリカに渡った第8回奨学生・猪狩渉(いがり・わたる)は、言葉の通じない環境のなかで必死にバスケットボールと向き合った。そこで彼が手にしたモノは何だったのか。

(※)スラムダンク奨学制度=漫画『スラムダンク』の作家・井上雄彦氏の、「バスケットボールに恩返しがしたい」との想いで設立されたプロジェクト。奨学生をプレップスクール(大学に進学するまでの私立学校)に派遣し、14ヵ月間、勉強とバスケットボールのできる環境を提供している。【詳しくはスラムダンク奨学金ホームページへ】

 渡米して4〜5ヶ月後、アメリカ人にナメられないように主張するようになった猪狩渉。自己主張の強さは、人一倍努力していることの自負、自信の表れでもあった。

 IMGアカデミーでは、サウスケント・スクール出身のモーリス・ハークレス(現ポートランド・トレイルブレイザーズ)と知り合い、夏の間、トレーニングを一緒にやらせてもらった。そこで気づいたのは、うまい選手ほど練習している――ということだった。

「NBAやNCAAのディビジョンIのトップレベルの選手って、才能とか素質があるからと思われがちですけど、間近で見ると、うまい人ほど練習をしている。自分よりうまい選手が、自分よりも努力している姿を見て、『もっと練習しなきゃいけない』と思うようになり、意識も変わりました。『身長が低い(168センチ)』などという言い訳をする前に、まずは彼ら以上に練習をやってみるべきだと。

 日本人選手は真面目で努力家だと思っていて、自分でもけっこうやっているつもりだったんです。でも、やっぱりそこは未知の世界で、本当に命をかけてNBAとかディビジョンIを目指している選手たちっていうのは、僕らが想像している『頑張っている』っていうレベルより、はるか上で頑張っていることに気づいた。気迫が違う。たとえば5対5をやるときも、言い方は悪いですけど、『殺すか殺されるか』みたいな、本当に殺気立った練習をしていた」

 本来、IMGアカデミーでは夏の間のキャンプに参加するだけだった。だが、大学生やプロ選手に交じって練習したときのプレーがコーチの目に留まり、「お前、もしよかったらウチでプレーしないか?」と勧誘された。そして、奨学金のスタッフと相談した結果、秋になってからも(スラムダンク奨学生受入校の)サウスケントには戻らず、IMGで続けることにしたのだった。

 IMGアカデミーは、サウスケントなど他のプレップスクールと少し違う。他のプレップスクールはシーズンが始まる段階で12人前後に絞るため、シーズン通してベンチ入りすることが決まっているのに対し、IMGは20人以上の選手がいて、その時々の活躍を見ながら、「ナショナルチーム」と「ブルーチーム」に振り分けて試合を戦う。つまり、常にチーム内で競争があり、ブルーチームからナショナルチームに昇格する選手がいると思えば、逆にナショナルチームからブルーチームに落とされる選手もいるのだ。

「毎日が競争ですね。いくらでも代わりはいるので、毎日の練習も気が抜けない。常に危機感をもって練習しています。僕は最初のころはブルーチーム、つまり2軍で、ナショナルチームに入っていなかったんですけど、ハードワークやディフェンス力を買われて、1ヶ月経ったあたりからナショナルチームにも入るようになって、今は両方のチームでやらせてもらっています」

 アメリカでバスケットボールをやる上で、「一番大変だと感じることは何なのか?」と聞いたところ、「常識が通用しないところ」という言葉が返ってきた。

「たとえば、普通にチェストパスをしても、相手の腕が長かったりするので、普通のパスが通らない。また、抜いたと思っても、後ろから手が飛んでくる。ノーマークでレイアップを打とうとしても、後ろからデカい奴が跳んでくる......。今までの自分の概念が壊されたので、考えてプレーするようになりました。どうやったらパスが通るのか、どうやったらシュートが打てるのか。小さいなりに、コートでの存在価値を考えるようになりました。

 僕は能代工業でやってきて、ディフェンス力や脚力はアメリカ人よりもあると思うんです。今はベンチから出る役割がほとんどなので、とにかく前線からプレッシャーをかけてスティールを狙ったり、ゲームの流れを変える役割になりたいと思ってやっています。

 あとはひとつ、こちらで習得したのは、オフェンス・チャージングをもらう技術。正直、ミニバスからバスケットを始めて、今まで試合でオフェンス・チャージングをもらったことなかったんです。その技術のもらい方や、感覚もわからなかったんですけれど、アメリカではオフェンス・チャージングをもらうことは、『流れを変える』という意味ですごく重宝されて褒められる。

 なので、いろんなチームメイトと1対1をしながら、どうコースに入るか、どう倒れるかという技術を、とにかくすごく練習した。1試合で2〜3回はオフェンス・チャージングを取れるようになりました。小さくてポストアップされることもあるので、常にオフェンス・チャージングを狙っています。

 ボストン・セルティックスのアイザイア・トーマスをすごく参考にしていて、彼を見ていると、『小さいならもっと力強さが必要だ』と思うようになりました。ただ速いだけじゃ、通用しない世界。ウェイト・トレーニングに力を入れて体重を上げつつ、さらにスピードも上げる。これが、今の僕の課題ですね」

 IMGでのシーズンはすでに終わり、5月にはスラムダンク奨学金の留学期間も終わる。そのため、シーズン後には次の進路を決める必要がある。NCAAのディビジョンIに入るための成績はクリアできそうだというが、サイズの小さい猪狩がディビジョンIの大学で奨学金をもらうことは、決して簡単なことではない。よって、強豪大学でなくても、最初はウォークオン(奨学金なし)だったとしても、とにかくチームに入り、そこから自分の実力を認めてもらい、奨学金を得ることも考えているという。

「スカラシップのオファーがなくても、ウォークオン枠でディビジョンIに行きたいと思っています。1年目、2年目は我慢して、地力をつけてディビジョンIの3年目、4年目あたりからしっかりと試合に絡んでいけるように。英語も、ウェイト・トレーニングも、自分のスキルも上げていきたいと思っています」

 夢は、NBA選手になること――。ハークレスといったNBA選手を間近で見てきたので、それが簡単なことではないことも十分にわかっている。

「果てしない道のりだと思います。でも、決して無理なわけでもないと、自分は思うんです。八村(塁/はちむら・るい/前・明成高校)くんや渡邊雄太(ジョージ・ワシントン大学)さんのように、大きくて動ける日本人は限られている。でも、日本には僕みたいに身長の小さい選手や、ベンチメンバー、試合に出られない選手たちが大勢いる。彼らの道標というか、小さくてもできるっていう勇気を与えられるような選手になりたいと思って頑張っています」

 昨年から、その年の目標とする漢字を選ぶようになった。昨年は「挑」だったが、今年は「欲」。

「去年は何も失うものはないという気持ちで『挑』を選び、とにかくチャレンジしてきた。今年はもっと、いろんなことに『欲』を出していきたいんです。ある程度、英語もできるようになってきて、バスケットも通用する部分が見えてきて。だけど、そこで満足したら終わりと思っています。もっともっと、欲を出して、いろんなことに積極的にやっていきたい。そういう意味をこめて、今年の漢字は、『欲』です」

 渡邊雄太、八村塁、角野亮伍(すみの・りょうご/セント・トーマス・モア・スクール)、テーブス海(ブライトン・アカデミー)、田渡凌(たわたり・りょう/ドミニカン大学)――。アメリカで挑戦する同年代の日本人選手のことは、常に気になっている。だが、ライバルというより、むしろ「同志」だという。

「もし、日本人がもっと世界に興味をもって、もっと世界に出てくる選手が増えれば、日本のバスケットボール界も変わると思うんですよ。日本人は無理だとか、そういう固定観念や意識があったりするんですけど、それが"一番の敵"だと思うんですね。一歩、世界に踏み出してみれば、やれないことはないので。だから、下の世代の子たちや能力ある選手たちが、もっと世界に目を向けて出てきてくれれば、日本はもっと強くなるし、それこそNBAも夢じゃない。オリンピックだってメダルも狙えると思うぐらいの能力を持っている人はたくさんいると思う。僕はもっと出てきてほしいですね」

☆井上雄彦先生からのメッセージ☆

奨学生たちは、
日米のバスケの違いを体で実感しながら、
もがきながらも、
その厳しい環境に適応するべく成長していきます。

競い合いを通して米国の文化、
ものの考え方の一端を肌で感じ、
それと同時に、
自分の中にある日本の文化、
考え方を見出すことにもなっているでしょう。

バスケット選手としての成長と、
こころの芯の通った一人の人間としての成長、
その両方を歴代の奨学生たちから見せてもらって、
こちらまで励まされるような思いがしています。

ありがとう。
これからも応援しています。

井上雄彦


宮地陽子●取材・文 text by Miyaji Yoko