写真提供:マイナビニュース

写真拡大

シスコシステムズとネットアップは4月12日、両社が提供する統合インフラ基盤「FlexPod」にオールフラッシュ構成のNetApp AFF/NetApp EFシリーズを搭載し、Microsoft SQL Serverの利用に高速化・最適化された、日本市場向けのオールフラッシュ構成のSQL Server SSD Appliance powered by FlexPodを発表した。

新製品は、シスコの提供するCisco UCSサーバとACIを採用したCisco Nexus 9000スイッチに、ネットアップが提供するオールフラッシュ・ストレージを組み合わせることで、SQL Serverの応答時間を従来のHDDベースのFlexPodと比べて200%以上高速化するという。

また、事前にSQL Server向けに構成や設定が最適化されているため、SQL Serverのパフォーマンスを最大化するとともに、導入時の作業を大幅に簡素化できる。

そのほか、オールフラッシュ・ストレージの採用によりレイテンシーは最小で20分の1になるほか、ACIによりアプリケーションのテスト時間は最大30%短縮され、プロビジョニングは80%以上高速になるとしている。

(辻)