資料写真

写真拡大

(台北 13日 中央社)台北市政府民政局は12日、同性カップルの関係を認める同性パートナー登録について、15日から台南市と手続きの面で協力すると発表した。今年1月1日からは高雄市との協力が始まっており、今後は条件を満たす市民ならいずれの市でも登録、証明書発行、取り消しが可能となる。

民政局は、20歳以上の未婚者で、カップルのいずれかの戸籍が台北市、台南市、高雄市にある市民が登録可能だとしている。

台湾では昨年、高雄、台北、台中各市で、今年には台南、新北、嘉義、桃園各市と彰化県でも同性パートナー登録が可能になっている。

(黄麗芸/編集:齊藤啓介)