Appleは現在発売中のモデルをもってMacBook Airブランドを廃止する可能性があると伝えられています。今後はコンパクトなMacBookと高性能なMacBook Proに統合される模様です。

MacBook Airブランドは終結へ

現在、MacBookシリーズはMacBook Air、MacBook Pro、そして2015年に発売された小型軽量の12インチのMacBookがあります。
 
2008年に発表され、その薄さで世界を驚かせたMacBook Airのブランドは現行モデルで終了し、薄型軽量のMacBookと、高性能なMacBook Proに統合されるだろう、と、米メディアBGRが、Jack March氏の情報を基に報じています。また、MacBook Proは高いスペックを維持しながら、現行モデルより薄くなると伝えられています。
 
なお、March氏は、2015年発売の12インチMacBookの詳細な仕様情報をかなり正確に言い当てた人物です。

薄型化と拡張性を両立する特許技術を採用か?

12インチのMacBookは、端子がUSB-TypeCの1つのみで、MacBook Proが薄くなる場合、拡張性に不安を感じる方もいるかと思います。しかし、Appleは端子を「重ね付け」する特許を取得しており、この技術が採用されれば、薄さと拡張性の両立が可能になると期待できそうです。

新型MacBookシリーズは6月のWWDCで発表か?

薄さと軽さをイメージさせる「Air」の名を持つMacBook Airですが、現在は競合他社からも同様の製品が発売されているうえ、2015年にはAppleが12インチMacBookを発表し、MacBook Airの優位性は薄れてしまいました。
 
MacBookシリーズの製品ラインナップについては、以前より刷新と統合が噂されていました。しかし、3月のスペシャルイベントでMacシリーズについて何の発表もなかったことから、6月のWWDC(世界開発者会議)で何らかの発表があると見込まれます。
 
 
Source:Jack March, BGR
(hato)