13日、中国で10人余りの会社員が四つんばいになり行進する動画が話題になっている。

写真拡大

2016年4月13日、中国で10人余りの会社員が四つんばいになり行進する動画が話題になっている。

動画は吉林省白山市で撮影されたもので、会社員が所属する企業の責任者は、「これは2日の出来事。弊社は自動車ローン関連の業務を行っており、目標を達成できなかったため四つんばいで行進し自分を奮い立たせようとした。この計画を社員に告げると、多くの人が参加することになった。四つんばいでの行進は200メートルにわたった」と、社員の参加は自発的なもので強要していないと説明した。

同企業のやり方にネットでは批判的な声が集まっており、法律専門家も「労働者の人権を侵害している疑いがある」と指摘している。(翻訳・編集/内山)