世界の山々の写真、美しい姿をとらえたのは赤外線

写真拡大

険しい山脈や切り立つ崖をとらえた、暗い色合いの風景写真。見る者に自然の荘厳さを感じさせるこれらの写真は、すべて赤外線を使って撮影されている。

SLIDE SHOW 「世界の山々の写真、美しい姿をとらえたのは赤外線」の写真・リンク付きの記事はこちら
02

2/11トレス(パタゴニア、チリ)
PHOTOGRAPH BY ANDY LEE

03

3/11スカイ島のキルトロック(スコットランド)
PHOTOGRAPH BY ANDY LEE

04

4/11ボルガルネース(アイスランド)
PHOTOGRAPH BY ANDY LEE

05

5/11トレス(パタゴニア、チリ)
PHOTOGRAPH BY ANDY LEE

06

6/11バウラ山(アイスランド)
PHOTOGRAPH BY ANDY LEE

07

7/11トレスの頂(パタゴニア、チリ)
PHOTOGRAPH BY ANDY LEE

08

8/11トレス(パタゴニア、チリ)
PHOTOGRAPH BY ANDY LEE

09

9/11バウラ山(アイスランド)
PHOTOGRAPH BY ANDY LEE

10

10/11トレス(パタゴニア、チリ)
PHOTOGRAPH BY ANDY LEE

11

11/11トレスに続く道(パタゴニア、チリ)
PHOTOGRAPH BY ANDY LEE

Prev Next

アンディ・リーの風景写真は、超自然的な光で世界で最も荘厳な山々を照らし出す。肉眼では見えない、しかし肉眼で見える光と同じくらい美しい光でだ。

リーの撮影は、赤外線を使って行われる。これは特殊なギアが必要かつ巧妙な技術だ。

簡単に言うと、赤外線は「可視スペクトルより長い波長をもつ電磁放射線」である。医療用や産業用アプリケーション、そしてもちろん天文学でよく用いられる。熱探知や天文学のために遠赤外線波を撮影したければ、高性能なカメラを購入してもよいし、専用のアクセサリーを付けたスマートフォンを使ってもよい。

しかし、赤外線カットフィルターを取り除き、近赤外光をとらえる赤外線フィルターを追加することで、典型的なデジタル一眼レフカメラを改造することも可能だ。それこそが、リーが自身のNikon D800に行ったことである。

彼が赤外線による写真撮影の実験を始めたのは10年前。それが、自分のデジタル写真を“より本質にせまる”ものにできるかもしれないと考えたからだ。

行きあたりばったりな方法によって何度か成功を体験したのち、リーは自らの技術を磨き上げてきたが、依然として課題も残っている。

例えば、直射日光下で撮影すると異常なレンズフレアができる。写真は赤く染まっているため、カメラ上での確認もあまり役に立たない。現像してみるまで、写真が最終的にどのように見えるのかわからないこともしばしばだ。

魔法が起きるのは、リーが帰宅してフォトショップを起動したときだ。印象的な写真をつくり出すために、撮影してきた写真を白黒写真に変換するときもあれば、赤と青のRGBAチャンネルを交換することもある。

彼がどんなトリックを使っても、出来上がる写真は暗く、陰影があり、コントラストが強いものになる。外見が変わっても、写真は彼が見た風景をとらえているのだ。「赤外線を使えば、少しだけ違う方法で世界を見ることができるんですよ」と、彼は語る。

リーは、ウェールズやイタリア、モロッコ、アイスランド、アイルランド、スコットランド、そして最近はチリの山脈や崖を撮影してきた。

11月には2週間かけてパタゴニアを探検した。彼が滞在期間のほとんどを過ごしたのは、トーレス・デル・パイネ国立公園やプンタ・アレーナスそしてプエルト・ナタレスだ。そこでは、ほぼ完璧に近い条件──素晴らしい光、温暖な気温、そして急激に変化する景色──が、撮影を成功に導いてくれた。「10分も同じ場所に立っていれば、その場所の姿はすっかり変わってしまいます。見事なものですよ」と、彼は言う。

リーは決まって朝8時に出発した。14時間かけて、未舗装の道路をクルマで走り、山々を登り、風景を楽しむ。ちょうどオフシーズンだったため、とっておきのロケーションをほかの観光客と取り合うこともなかった。あらゆる場所で写真撮影をしたが、彼のスタイルに完璧に合っていたのはパタゴニアだった。

「チリと赤外線写真は理想的な組み合わせですね。写真家の夢です、本当に」と、リーは語る。

関連記事この美しい世界の山脈は「Google Earthのキャプチャー」でつくられた