12日、18年サッカーW杯ロシア大会のアジア最終予選の組み合わせ抽選がマレーシアで行われ、中国はイラン、韓国などと同じA組に入った。中国代表の高洪波監督は「自分たちの実力を高めることが大切」と語った。写真は中国のサッカーファン。

写真拡大

2016年4月12日、2018年のサッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会のアジア最終予選の組み合わせ抽選が、マレーシア・クアラルンプールで行われ、中国はイラン、韓国、ウズベキスタン、カタール、シリアと同じA組に入った。中国代表の高洪波(ガオ・ホンボー)監督は「組み合わせの良しあしを考えてもしょうがない。大切なのは自分たちの実力をしっかりと高めること」と語った。中国新聞網が伝えた。

中国代表の対戦成績は、対イランが6勝5分12敗、対韓国が2勝13分17敗、対ウズベキスタンが4勝1分5敗、対カタールが7勝4分5敗、対シリアが6勝1分2敗。

最終予選はホーム&アウェーで計10試合行われ、上位2チームが出場権を獲得する。3位チームはアジアプレーオフに回る。

中国の初戦は9月1日、アウェーで韓国と、2戦目は同6日にホームでイランと対戦する。(翻訳・編集/柳川)