「東京ディズニーシー15周年“ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ”」のハーバーショー「クリスタル・ウィッシュ・ジャーニー」/(C)Disney

写真拡大

東京ディズニーシーでは4月15日(金)から2017年3月17日(金)までの337日間、開園15周年を祝うアニバーサリーイベント「東京ディズニーシー15周年“ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ”」を開催する。

【写真を見る】たくさんのディズニーの仲間たちが“旅の案内役”として船に乗って登場!/(C)Disney

“Wish”(願い)をテーマに開園15周年を盛大にお祝いする「東京ディズニーシー15周年“ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ”」。なかでも、ディズニー映画の人気曲が使用される期間限定のハーバーショー「クリスタル・ウィッシュ・ジャーニー」(1日1〜3回、約25分、出演者数約120人)は必見だ!

ミッキーマウスやミニーマウスをはじめ、ドナルドダックやダッフィーなど、たくさんのディズニーの仲間たちが“旅の案内役”として船に乗って登場する同ショー。

クリスタルの不思議な力に導かれたディズニーの仲間たちが、それぞれの願いを賑やかな歌やダンスで披露。みんなの“Wish”が1つになるフィナーレでは、カイトが大空を舞い、パイロが次々と打ち上がり、15周年の新たな冒険の旅立ちを盛大に祝う。

注目したいのは、ディズニーの仲間たちが身に付けた色違いの「ウィッシュ・クリスタル」。ミニーマウスは“愛”を願う赤色、ドナルドダックは“友情”を願う青色、グーフィーは“元気と健康”を願う緑色、ミッキーマウスは“みんなの願い”が集まったクリア(透明)なウィッシュ・クリスタルを身に付けている。

また、それぞれの願いにちなんだという人気曲も必聴!デイジーダックの“Wish”が発表される際は『アラジン』の「A WHOLE NEW WORLD」、グーフィーの場合は『ライオン・キング』の「HAKUNAMATATA」が流れてくるのだ。

東京ディズニーシー15周年のオープニングを華やかに飾る「クリスタル・ウィッシュ・ジャーニー」。“Wish”を輝かせる新たな冒険の旅へ出よう!【東京ウォーカー】