桐生将吾役の松尾太陽 ©2017 葉月抹茶/スクウェアエニックス・映画「一週間フレンズ。」製作委員会

写真拡大

2017年2月に全国で公開される映画『一週間フレンズ。』に超特急のタカシこと松尾太陽が出演することがわかった。

【もっと画像を見る(2枚)】

『一週間フレンズ。』は、葉月抹茶による同名漫画の実写映画版。月曜になると友人たちの記憶を失くしてしまう女子高生・藤宮香織と、彼女を一途に想い続ける同級生の長谷祐樹が織り成す青春ラブストーリーだ。これまでの発表では香織役を川口春奈、祐樹役を山崎賢人が演じることが明らかになっていた。

松尾が演じるのは、祐樹の親友・桐生将吾役。頭脳明晰でクールだが、友達想いな人物という役どころだ。単独での映画初出演となる松尾は同作への出演にあたり、「この作品に出演が決まった時は、夢なのかと思うくらいに嬉しかったです」と喜びを語っている。

なお松尾の同作への出演を記念して、4月15日から超特急のライブ会場限定で、松尾のソロ写真を使用した特別先行ムビチケカードを販売。詳細は映画のオフィシャルサイトをチェックしよう。

■松尾太陽のコメント
この作品に出演が決まった時は、夢なのかと思うくらいに嬉しかったです。
桐生将吾に少しでも近づきたいと思い、原作に所縁のある場所も巡って原作の空気を感じてきました。
撮影が始まって、最初は手が震えるくらい緊張しましたが、クールに見える桐生将吾の内面を想像し、彼を想いながら演じさせて頂きました。
撮影は毎日楽しく、そのような環境を作って下さった皆さんに感謝しています。
是非、大切な人や友達と一緒に観てもらいたいです。