充実のカメラ機能やノイキャン機能、ツボを押さえたエントリースマホ

写真拡大

スマートフォン(スマホ)およびタブレットなどを手がけるファーウェイ・ジャパン(東京都千代田区)は、SIMフリースマホ「HUAWEI Y6」を2016年4月15日に直販サイト「Vモール」およびMVNO(仮想移動体通信事業者)などで発売する。

手に馴染むサイズながら5.0型HD(1280×720ドット)IPS液晶ディスプレイを搭載し、画面占有率72%の狭額縁設計を施す。マクロ撮影対応レンズを備えた800万画素メイン、200万画素サブカメラを搭載し、顔立ちを際立たせて明るく滑らかな肌で撮影できる「ビューティーモード」、スリープ状態から最短1秒ほどで撮影可能な「ウルトラスナップショット」などを備える。

騒がしい中でも通話がクリアな「デュアルマイクノイズキャンセラー」、テーブルなどに平置きした状態でも大音量再生が可能だという独自チャンバー構造の底面スピーカーを搭載。

OSは「Android 5.1」をプレインストール。メモリーは1GB、内蔵ストレージは8GB、microSDスロット(最大32GB)を備える。microSIMスロット1基を搭載し、通信方式FDD-LTE、W-CDMA、GSM対応のSIMフリー仕様。IEEE 802.11b/g/n準拠の無線LAN、Bluetooth 4.1をサポート。バッテリー容量は2200mAh。

カラーはホワイト、ブラックの2色。

直販価格は1万7258円(税込)。