ジブリ『耳をすませば』監督・近藤喜文の展覧会が阪急うめだ本店で - 原画など約500点展示

写真拡大

ジブリ『耳をすませば』監督・近藤喜文の展覧会が阪急うめだ本店で開催される。期間は2016年4月27日(水)から5月9日(月)まで。

[ この記事の画像をもっと見る ]

多くのジブリ作品を手がけた日本屈指のアニメーター 近藤喜文。スタジオジブリの高畑勲・宮崎駿両監督から厚く信頼を寄せられ、ジブリを支えてきた。

本展では、『火垂るの墓』『魔女の宅急便』『紅の豚』『もののけ姫』などの原画をはじめ、唯一の長編監督作品『耳をすませば』の絵コンテやアニメーション原画、スケッチなど約500点を紹介する。

キャラクターデザインと作画監督をつとめた『火垂るの墓』(1988年)や『おもひでぽろぽろ』(1991年)では、リアリティ溢れたキャラクター表現への挑戦が見どころのひとつ。表情の考察と試行錯誤を繰り返し、キャラクターが生き生きと動き出すまでの断片を、スケッチや原画でじっくりと見てみて。

また、作品のイメージを膨らませるために手描きしたイメージボードも多数展示。他にも、公開に至らなかった、近藤が監督を務めた日米合作フルアニメーション『リトル・ニモ』(※パイロットフィルム、1984年)の動画など、貴重な資料もお見逃しなく。

※パイロットフィルム…公開予定の作品に対し試験的に製作されたもの

【詳細】
近藤喜文展
期間:2016年4月27日(水)〜5月9日(月)
・日〜木曜日 10:00〜20:00
・金・土曜日 10:00〜21:00
※閉店30分前までに入場
※催し最終日は午後6時閉場
場所:9階 阪急うめだギャラリー
住所:大阪府大阪市北区角田町8−7
入場料:一般900円 大学生・高校・中学生700円 小学生以下無料