12日、上海市黄浦区の茶館でぼったくり被害に遭った日本人留学生がすでに日本に帰国していることが分かった。

写真拡大

2016年4月12日、中国網によると、上海市黄浦区の茶館でぼったくり被害に遭った日本人留学生がすでに日本に帰国していることが分かった。

事件が起きたのは4月6日午後。日本人留学生2人が街中で出会った男女3人組に食事に誘われ、問題の「豫園茶館」に案内された。ところが、会計の際に「一口48元(約800円)だ」と告げられ、計2100元(約3万5000円)余りを請求された。留学生2人は持ち合わせの1000元(約1万7000円)をすべて支払い解放された。その後、2人は警察に届け出て、店側は全額の返金に応じた。

「豫園茶館」の責任者は、「一口48元ではなく、一種類48元だ。うちの店には高いお茶もあるし、清明節には龍井茶は500グラムで7000〜8000元(約12万円)はする。彼らは2〜3杯は飲んだ。それに値段も表示してあった」と説明している。一方、日本人留学生は値段の表示は目にしていたものの、「注文する前から店員がお茶を注ぎ始めた」と主張している。

この茶館に案内した3人組についても疑問が残る。3人組は日本人留学生2人に「(カメラの)シャッターを押してくれないか」と声を掛けたが、日本人によると3人のバックには普通の道が1本あるだけで、記念写真を撮影するような場所ではなかったようだ。問題の茶館はすでに営業を停止しており、日本人留学生は11日に日本に帰国したという。(翻訳・編集/北田)