「スター・ウォーズ」アナキン子役のジェイク・ロイドが統合失調症に。

写真拡大

「スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス」で主役のアナキン・スカイウォーカーを演じたジェイク・ロイドが、総合失調症のため精神病施設に入所した。

同人気シリーズの1999年作で幼い頃のアナキンを演じていたジェイクは昨年6月、サウスカロライナ州で時速100マイル(約160キロ)のカーチェイスの末、警察に逮捕されていた。10か月間にわたって刑務所に拘留されていたジェイクだが、今回移動された精神病施設で総合失調症と診断されたという。

母親のリサは、同施設で治療を受けるようになってからジェイクの精神状態が改善したようだと、米ゴシップサイトのTMZに話している。同サイトによると、ジェイクの精神科への入所期間は決定されておらず、家族もジェイクの病状が回復することを一番に望んでいることから、それに必要なだけ入院して欲しいと考えているという。

テレビドラマ「アストロノーツ」や映画「バーチャル・ウォーズ3」にも出演したジェイクは以前、「スター・ウォーズ」への出演により自身の生活が「生き地獄」と化したと話していた。

「他の子供たちは僕にとても意地悪だったよ。僕のことを見るたびにライトセイバーの音を真似してきたもんさ。すごくひどかったね」「学校生活はとにかく生き地獄だったよ。それに1日60ものインタビューを受けなくちゃいけなかったしね」と当時の辛さを明かしていた。