スズキが4月11日、同社のコンパクトカー「スイフト」が4月上旬までの販売で“世界累計販売500万台”を達成したと発表しました。

1(出展 SUZUKI)

「スイフト」は、日本や欧州(ハンガリー)に加えてインド、中国、パキスタン、タイなどでグローバルに生産され、世界のユーザーに受け入れられてきた「世界戦略車」。

スズキのクルマ作りに変革をもたらした小型車でもあり、日本をはじめ、世界の国々で数多くのカーオブザイヤー賞を獲得するなど、そのスタイリッシュなデザインやスポーティーな走りへの拘りなどが高い評価を受けています。

特にインドでは2005年の発売以来、インドの経済成長に伴う市場拡大に合わせて販売台数を伸ばし、現在ではインドでの年間販売台数の約3割にあたる約43万台を販売するなど、スズキのインド市場での拡販を牽引しているそうです。

今回の“世界累計販売500万台”は2004年11月の発売開始から11年5カ月で達成したもので、同社によると、その内訳は、インド54%、欧州17%、日本10%、その他19%となっているそうです。

(出展 SUZUKI)

一方で、次期モデルが今年後半に公開されるとの情報もあり、中でも1.4L直噴ターボエンジンの搭載が予想される次期型「スイフト・スポーツ」 の登場は大いに注目を集めそうです。

(Avanti Yasunori)

【関連記事】

スイフト・スポーツ次期型の完全な姿がリーク…1.4リットル新エンジン搭載か!?
http://clicccar.com/2016/04/05/364570/

スズキ「スイフト」が世界累計販売「500万台」を達成!(http://clicccar.com/2016/04/13/365926/)