五感をフル活用してデザインを学ぶ:Designitワークショップ第1弾、イヴェントレポート

写真拡大

4月1日に正式にオープンした「WIRED Lab.」(ワイアード・ラボ)で、デザインファームDesignitによるワークショップが開催された。人々に本当に必要とされるデザインを生み出すにはどうすればよいのか。参加者たちは、自分の手や足を動かして、その極意を学んだ。

「五感をフル活用してデザインを学ぶ:Designitワークショップ第1弾、イヴェントレポート」の写真・リンク付きの記事はこちら

今月オープンした「WIRED Lab.」(ワイアード・ラボ)では4月2日、とあるワークショップが開催された。デンマークを拠点とし、世界各国に12のオフィスをもつグローバルデザインファーム、Designitのデザイナー3人が、当日開催されていた「アークヒルズ さくらまつり2016」を題材に、Designit流の思考法とデザインプロセスを伝授した。

9時間にわたって行われた今回のワークショップは、DesignitがとるHuman-Centered Design(人間中心デザイン)のアプローチについてのレクチャーから始まった。

「近年デザインシンキングという言葉が流行していますが、Human-Centered Designはそのデザインシンキングの根幹にあるものです。デザイナーが使うマインドセットやプロセスのことを指しています。それをデザイナーでない人たちでも使えるように、そしてそこからイノヴェイションを生み出せるように、デザインシンキングという考え方は生まれました」と、Designitのサーヴィスデザイナー、ラファエル・オデは言う。

「テクノロジーによって、企業はさまざまな製品やサーヴィスをつくれるようになりました。しかし、例えば製品にたくさんの機能があったとしても、もしかしたら人々はそれを望んでいないかもしれない。『それが本当に必要とされているか』という点が考えられているかどうかで、製品やサーヴィスは大きな差がでます。テクノロジーを使ってどんなに漸進的なものをつくっても、人々のニーズに合っていないのであればそれは必要とされないということです」

そこで生きてくるのが、人が欲しいもの、必要なものを理解し、それをベースにシンプルで使いやすいデザインを生み出すHuman-Centered Designなのだと彼は言う。ただ外見をよく見せるだけでなく、製品やサーヴィスを基本設計から考え、人々の生活を改善したり、新たな価値を生んだりするようなソリューションをつくることが、Designitが考える“デザイン”なのだ。

レクチャーの後半では、実際に彼らが仕事で使っているデザインの考え方が、〈リサーチ〉〈分析〉〈アイデア出し〉〈プロトタイピング〉のプロセスに分けて伝授された。およそ1時間のレクチャーののち、参加者たちは4つのグループに分かれ、「さくらまつりの参加者たちの体験をよりよくするには?」という課題を解決すべく、会場へリサーチに向かった。ほかの来場者たちに交じって会場をまわり、食べたり飲んだり誰かに話しかけたりと、それぞれ自由に調査をした。

03_discussion_3

プロダクトデザイナー、サンドラ・リンのアドヴァイスを受けながら、着々とアイデアを出していく。

およそ2時間のリサーチが終わると、グループごとに分析とアイデア出しが行われた。まずは、お互いにどのような問題点が見つかったかを共有し、それをさらに細かく分析していく。誰をターゲットとした解決策をつくるのかを決め、ターゲットの細かなプロフィールをつくるのだ。そして分析をもとにどのような解決策が有効か、思いついたことをひたすら付箋に書き出す作業をしていく。

時間を目一杯使ってアイデアを出したところで、次はプロトタイプづくりだ。いくつものアイデアから、問題を解決するのにいちばんよいものを選び、用意されたツールや材料を使って形にする。

04_prototype_1

アプリという、一見すぐに形にするのは難しそうなアイデアも、用意された木製iPhoneとメモを使ってプロトタイプを制作した。

ただし、プロトタイプが完成すれば終了、というわけではない。各グループはそのプロトタイプをもって再びさくらまつりの会場へ向かい、来場者に意見を聞きに行く。「いちばん初めのプロトタイプは決してベストではありません。それをつくって、フィードバックを得て、改良し、またフィードバックをもらいにいくというサイクルの繰り返しが重要です」と、オデは言う。

分析からプロトタイプづくりまで、参加者たちは4時間じっくり課題と向き合い、最終プレゼンでは、各グループが誰を対象にどのようなソリューションをつくったのかを発表した。

_prototype06

はぐれやすい家族連れをターゲットに、家族がいる場所の目印となるGPS付きの旗をつくったチーム。「子どもはサクラを一回見たら飽きてしまう」という来場者からの声を受けて、旗は子どもがつくって楽しめるものにした。

今回会場となったWIRED Lab.では、これからもDesignitによるワークショップを定期的に開催する。

また4月28日・29日開催の、未来の東京を「音」というテーマを通して体感する複合イヴェント「Sound and City」内でのトークセッションには、Designitも登壇予定なので、ぜひイヴェント情報をチェックしてほしい。

INFORMATION

4/28(木)〜29(金)開催!「SOUND & CITY」

未来のTOKYOを「音」というテーマを通して体感する複合イヴェント「SOUND & CITY」。『WIRED』日本版とRizomatiks、そしてTechShop Tokyoのプロデュースで、4月28(木)29(金)にアークヒルズで開催。tofubeats、和田永などのアーティストとともに、BeatsのプレジデントやVESTAXの創業者らが登場する新しいタイプの複合イヴェント!