2012年の発売以来、ストリートからサーキットまで存分に楽しめるスポーツ性能と日常生活には困らない実用性を兼ね備えることから、高い人気を集めている「トヨタ・86(ハチロク)」。

発売から小まめに改良が加えられたほか、100台限定の超本格派「TOYOTA 86GRMN」を販売するなど話題に事欠かず、クルマ好きには貴重な存在と言える一台でしょう。そんな「86」に、大掛かりなマイナーチェンジが行われることが明らかとなりました。

すでに米国および欧州向けの「GT86」では、その2017年モデルの姿が明らかに。

1

開口部が大型化したフロントバンパーをはじめ、リヤバンパーには新デザインを採用。そのほかにもLEDヘッドライトとLEDテールライトさらにはアルミホイールなど、ディテールにも変更が施され、ひと目で新型と分かる存在感を放っています。

気になるパフォーマンスでは、6速MT車の場合はギヤレシオの変更に加えてトルクも増強、最高出力は205psに上るとのこと。

また、坂道発進の際に車両の逆走を防ぐヒルスタートアシストが搭載されるのもポイント。足回りもダンパー減衰力とスプリングレートが変更され、よりスポーティ性がアップされています。

インテリアでは、インパネとドアトリムに柔らかな感触の新素材を採用。シートの素材も変更されるほか、ステッチをレッドからシルバーへと変更し、上質感を磨いているとのことです。

(今 総一郎)

トヨタ 欧州仕様のGT86の2017年モデルを発表(http://clicccar.com/2016/04/13/365880/)