10日、韓国メディアが報じた「日本で違法駐車がほとんどみられない理由」について、韓国のネットユーザーから大きな反響が寄せられている。写真は日本の駐車場。

写真拡大

2016年4月10日、韓国・YTNテレビは、韓国社会で違法駐車が「持病」のように横行する一方、隣国の日本では違法駐車がほとんどみられないと報じた。

YTNは、日本で違法駐車がまれな理由を大きく3点挙げている。

1点目は「駐車は有料だという意識」。繁華街ではコインパーキングの利用が広く浸透しているほか、郊外の住宅にもきちんと車庫が備わっており、マンション住人の場合は毎月料金を払って駐車場を借りている。また、車庫証明がなければ車を購入できない仕組みについても紹介した。

2点目は「厳格な処罰」。違法駐車に科せられる罰金が、乗用車の場合で日韓では最大5倍もの差がある上に、日本では免許の「減点」により運転免許の取り消しもあり得るが、韓国では違法駐車による「減点」がない。

そして3点目は「法秩序を守ることが皆の安全につながるという認識」。「安全のためにルールを守ろう」という意識が日本人の頭の中に染み付いていると紹介した。

この報道に韓国のネットユーザーの関心は高く、約3000件のコメントが寄せられている。

「韓国も何もしないで市民意識をうんぬんしてないで、確実に罰金を科せば市民意識も向上するはず」
「恥ずかしいことだけど、国民の個人のレベルは日本に追い付けない」

「日本の過去の過ちは過ちとして、良い部分は見習おう。むやみに悪口を言うだけじゃ駄目だ」
「日本に行ったことのない人は日本を悪く言うものだけど、一度でも日本に住んだり行ったりした人はずっと住みたくなるって言うよ。違法駐車が少ないのもその理由の一つだ」

「体に染み付いた秩序意識と早期教育が重要なんだね」
「自分で違法駐車をしておいて、レッカーされようものならむしろ怒り出す韓国人の根性を反省すべきだ」

「日本は、韓国とは比較にならないくらい良い点が多過ぎる」
「東京よりもソウルの方が人口密度が高いから、ソウルに車が多過ぎるんだよ。韓国人は日本人より見えっ張りだから車を持ちたがるし」

「たとえ地球が消え去るとしても、韓国から違法駐車がなくなることはない。先進国に移住することだけが生きる道だよ」
「韓国人はなぜいつも日本と比較したがるんだろう?隣の国だからってライバルと錯覚してるみたいだけど、日本は米国に次ぐ先進国。韓国の市民意識は後進国中の後進国だ」(翻訳・編集/吉金)