うっかり送信したメールを取り消す方法:Gmail、Inbox

写真拡大

間違えてメールを送ってしまった!というときに便利な「送信取り消し」機能。まだ使っていない人のために、GmailとInboxでこの機能を利用する方法をご紹介。

「うっかり送信したメールを取り消す方法:Gmail、Inbox」の写真・リンク付きの記事はこちら

Gmailで送信済みメールを取り消す機能は、もともとGmail Labsの実験的なプラグインだったが、いまでは中核機能となっている。送ったメールを読み直した方がよい人は多い。

Gmailと「Inbox by Gmail」は、どちらもメールの「送信取り消し」ができる。しかし両者には、決定的な違いがある。Gmailはメッセージを再考するために、多くのオプションと多くの時間を与えてくれるが、送信取り消しできるのはデスクトップ版のGmailのみだ。

Inboxではその機能がモバイルアプリで利用でき、初期設定で有効になっているが、より素早く指で「取り消し」する必要がある。

Gmailで「送信取り消し」を使うには

Gmailでは、設定で「送信取り消し」オプションが有効になっていることを確認しなくてはいけない。これはデスクトップ/ブラウザ版のGmailでのみアクセス可能だ。

最初に、右上隅の歯車のアイコンをクリックする。プルダウンメニューから「設定」を選択する「全般」タブで、ページの上から3分の1くらいの位置に「送信取り消し」設定がある「送信取り消し機能を有効にする」のボックスにチェックが入っていることを確認する。下のプルダウンメニューで、メッセージを送信したあとに取り消しが可能な秒数を設定できる。5、10、20、30秒のなかから選択可能できる設定後、設定メニューのいちばん下にある「変更を保存」ボタンを忘れずにクリックこれで、あなたがメッセージを送ったあとに、検索ボックスの下に「あなたのメッセージが送信されました」という通知が表示されるようになった。ちょうどその文字の隣に「取消」というリンクがあり、そこから送信を取り消せる

Inboxでは、この取り消し機能が初期設定で有効になっている。しかし取り消しが可能な時間は7秒程度だ。

この「取消」のオプションは デスクトップ/ブラウザー版Inboxの画面左下隅や、モバイルアプリの画面のいちばん下にも表示される。