中国の料理の1つである「餃子」は今や日本人にとっても非常にポピュラーな料理だ。日本各地にご当地餃子があり、本や雑誌では餃子店についての特集が組まれ、餃子による町おこしなども一部で行われている。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国の料理の1つである「餃子」は今や日本人にとっても非常にポピュラーな料理だ。日本各地にご当地餃子があり、本や雑誌では餃子店についての特集が組まれ、餃子による町おこしなども一部で行われている。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、日本の餃子を食した中国人による手記を掲載。日本と中国の餃子の違いについて紹介している。

 記事は、日本人の友人が振る舞ってくれたという餃子を写真付きで紹介。通信販売も手掛けている餃子専門チェーン店の冷凍餃子のようだ。筆者は調理前の冷凍餃子を見て、「中国のスーパーで売っているのと変わりない」と思ったというが、出来上がった餃子は見事に「焦げ」ていたという。

 焦げていたという表現は誇張したものであり、その理由は中国では餃子は焼かずに茹でるものだからだ。日本で言う「水餃子」こそ、中国における餃子なのだ。日本人の好みに合わせて形を変えた餃子だが、筆者は「日本人は物事を着実に行うという印象だったのに」と不思議な様子。

 大抵の中国人には日本の焼き餃子は不評だ。中国の餃子は水餃子であるため、日本と違って皮が厚めだ。これをたっぷりのお湯で茹で、茹であがったそばから、にんにくと黒酢、醤油、薬味などにつけて食べるのが一般的だからだ。中国にも焼き餃子はあるのだが、「食べ残ったものを翌日に焼いて食べるのが焼き餃子」というイメージがある。

 餃子にかぎらず、ラーメンも日本と中国で内容や味が大きく違う料理だ。また、日本人が知っている中華料理のうち、中国に存在しないメニューも数多く存在する。例えば天津飯やエビチリは日本で考案された中華料理であるとされ、中国生まれのものではない。こうしたことを知らない日本人も中国人も多いのではないだろうか。中国は日本にとって近くて遠い隣国であるとも言えそうだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)