11日、中国国際貿易促進委員会の尹宗華副会長は北京で行われた日中産業協力フォーラムで、日系企業の京津冀建設参加を歓迎すると発言した。写真は北京。

写真拡大

2016年4月12日、中国新聞社によると、中国国際貿易促進委員会の尹宗華(イン・ゾンホア)副会長は11日に北京で行われた日中産業協力フォーラムで、「日本の企業界が中国の北京市・天津市・河北省(京津冀)の共同発展の建設に積極的に参加し、中国企業と関連産業における連携を進め、良好な相互連動と互恵協力を実現することを願う」と述べた。

尹副会長は、「首都圏の計画建設では、日本に豊富な経験がある。首都機能の分散や副都心の建設、産業のバージョンアップと再配置、交通網システムの充実と先行、環境保護システムと防災システムの優先的建設などは、いずれも中国が参考にする価値があるものだ。中国国際貿易促進委員会は日本の企業界が中国の京津冀の共同発展の建設に積極的に参加し、中国企業と関連産業における連携を進め、良好な相互連動と互恵協力を実現することを願う」と述べた。(提供/人民網日本語版・翻訳/KS・編集/武藤)