2016年のGWは、旅気分のファスティングで心も体もデトックス

写真拡大 (全3枚)

長期の休みがかなう今年のGWだからこそ、いつもより時間をかけて体を内側からメンテナンスするチャンス。そこで、余裕のあるときにぜひチャレンジしたいファスティング(断食)プランのある2つのホテルを、編集部が厳選してご紹介。

断食というと過酷なイメージだけれど、ドリンクなどを取り入れながら無理なくできるのがポイント。日頃の食生活で意外と疲れている胃腸などの内臓を休めることで体内をリセットできるから、デトックス効果が期待できて体質改善の第一歩にも。しかも、リラクゼーション&アクティビティメニューが充実していて、優雅に過ごせるのも魅力。旅気分を満喫できてリラックスできる、心身ともに癒される休日を過ごして。

※写真はアイランドホテル&リゾート那須の外観
◆高原の豊かな自然に抱かれて、爽やかに過ごす2泊3日


高原リゾートでファスティングするなら、東京から1時間30分ほどの「アイランドホテル&リゾート那須」へ。こちらでは、2泊3日からのプランを用意。滞在中は1日4回、特製ドリンクを飲んで体に必要な酵素を摂取(朝・昼・夕は回復食もセレクト可)。自社農園で栽培された野菜・果物など、厳選素材で作られる約40〜50種(時期により異なる)のドリンクは、ビタミン・ミネラルがたっぷり。素材本来のおいしさに体が目覚めていくような感覚を味わえる。さらに管理栄養士がマンツーマンで栄養指導。日常の食事法もアドバイスしてくれる。ほかにも温泉に入れたりスパを体験できたり。農業体験や馬と触れ合える農場もあるから、思い切りリフレッシュできそう。ほか、3泊4日〜5泊6日で利用できるスパ付きの贅沢プランも。

◆ハウステンボスでアーユルベーダを取り入れた断食プラン


遠出してGW旅行を満喫したい人は、長崎・ハウステンボスのヘルスケアリゾート「THE SOARA」がおすすめ。デトックス、ストレス、運動不足など、悩みに合わせた滞在プランが揃う。例えば1泊2日から利用可能な「断食ステイ」ではドリンクやスムージーで栄養補給しつつ、自分の体質の傾向を知ることができるアーユルベーダの健康セミナー、額にオイルを垂らして深いリラクゼーションへと誘うシロダーラー、ヨーガ&瞑想などのプログラムを体験。アーユルベーダのトリートメント・アビヤンガ、特殊な浴槽で温熱浴するHSPビューティ温活、ノルディックウォーキングといったオプションも組み合わせれば、心も体もよりリフレッシュできるはず。宿泊先はハウステンボスにある4つのホテルから、予算や人数に合わせて手配してくれる。