お部屋になじむ、おしゃれBONSAIを気軽に楽しもう

写真拡大 (全3枚)

クールジャパンの代名詞として海外で人気に火がついたBONSAI。日本でも、現代のインテリアをクラスアップしてくれる、おしゃれBONSAIが注目を集めています。
BONSAIは日本の代表的なインテリア

ハイセンスな雑貨店でもよく見かけるようになり、思わず「カワイイ! 」となでたくなるようなミニBONSAIが多数登場しています。とはいえ、BONSAIだって立派な生き物。日々のお手入れが必要です。面倒くさがりで、すぐに植物を枯らせてしまう人は、そこがネックで育てるのをためらうことも多いのではないでしょうか。
春こそ、はじめどき
BONSAIは、はじめるタイミングやコツさえ知っておけば、意外とスムーズに習慣化することができます。とくに春は、BONSAIのある生活を始めるのに一番適した季節。
冬は水やりを2〜3日に1回のペースでおこなうため忘れてしまいがち。春は毎日1回(多くて2回)なので、毎日の習慣にしやすいのです。(夏は1日2回、秋は春と同じペース)
プラスして、土が乾いていないか常に気にかけておけばOKです。
水は根元や土にかかるように差し、葉や花を避けます。もっとも活発に光合成をする朝が、水やりには最適の時間帯。朝が苦手な人は、BONSAIの存在を早起きする理由にしてもいいかもしれません。
室内で育ててもOK

本来、BONSAIは屋外で育てることが主流ですが、インテリアとして飾れるBONSAIは、基本的に部屋で育てられるように工夫がほどこされています。たとえば、ミニ盆栽ブランドの「ちょこぼん」は、誰でも気軽に、そしておしゃれにBONSAIをはじめられるよう、鉢と水の受け皿を一体化させて、トータルアートとして販売しています。
また、自宅のインテリアに合わせたオーダーメイドBONSAIも作ることができます。植物と暮らす毎日は、家族がひとり増えたようなあたたかい気分をもたらします。朝起きて、たいせつな家族を愛でる幸せ。はじめるなら、春がおすすめです。
[ちょこぼん]