「目が見えないこと」にぼくらが学ぶこと:身体研究者・伊藤亜紗

写真拡大

視覚障害者の世界の“見え方”を研究する伊藤亜紗。生物、アート、福祉が交わる境界で活動する異色の身体研究者が語る、「目の見えないこと」を通して見えてくる世界と身体の新しい可能性。

伊藤亜紗|ASA ITO
1979年 東京都生まれ。東京工業大学リベラルアーツ研究教育院准教授。幼いころから生物学者を目指していたが、大学3年生のときに“文転”し、美学、現代アートを学ぶ。日本学術振興会特別研究員を経て、2013年に東工大に着任。著書に『ヴァレリーの芸術哲学、あるいは身体の解剖』〈水声社〉、『目の見えない人は世界をどう見ているのか』〈光文社〉がある。asaito.com

──「視覚障害者が世界をどう“見て”いるのか」を研究する伊藤さんの活動がユニークだと思いました。バックグラウンドを含め、どのような経緯でいまの研究を始められたのかを教えてください。

「「目が見えないこと」にぼくらが学ぶこと:身体研究者・伊藤亜紗」の写真・リンク付きの記事はこちら

小さいころは、虫や花が好きな子どもでした。その興味はずっと変わらず、高校でも世界史の授業中に生物の資料集を隠れて読んでいるような学生でしたね(笑)。昔から変身願望とも呼べるものがあって、昆虫は足が6本あってどうやって歩いているんだろう?といった素朴な疑問から始まり、いろいろな昆虫や植物になってみたいと考えていたんです。

つまり人間のフィルターだけで世界を見るのではなく、花や昆虫が見ている世界を知りたかった。自分が人間であるという限界はありますが、どうにかしてそうじゃない視点に立ちたいという気持ちがありました。

──大学では、もともとの専攻であった生物学から“文転”されたと聞きました。

生き物が好きという理由で、大学2年までは生物学者になるつもりでいました。ところがいまの生物学というのは、DNAや遺伝子という情報を多く扱う分野なんですね。情報からわかることももちろんあるのですが、自分が知りたかったホリスティックな視点、生き物全体のことはわからないと気づきました。

そこで「生物とは何か?」「生物から見た世界はどうなっているのか?」といったより大きな視点を得るために、大学3年で文転をして、美学という、感覚や芸術といった言葉にしにくいものを言葉で表現していく学問を専攻しました。

そのあとは美学を通して身体や芸術について学んだのですが、これはこれで抽象度が高すぎる分野だったんです。身体というのはそれぞれが違うものなのに、ものすごく抽象化をして「身体とは何か?」とひとくくりで考えてしまう。誰も見たことのない“共通の身体”について語るということに違和感を覚え、もう少し細分化できないかと考えました。現実の身体ほど具体化することはできなくとも、もう少し抽象度を保ちつつ分類・パターンを分けたい、身体の種類の違いに注目したいなと。そこで自分といちばん違いが見つけやすい人は誰だろうと考え、視覚障害者に話を訊き始めたのがいまの研究を始めたきっかけです。

itoasa02

──障害と聞くと、福祉が扱うものだというイメージがあります。福祉からのアプローチと伊藤さんが行うアプローチの違いはなんでしょうか?

わたしは身体論として、あるいは生物学として障害に興味をもっています。福祉的なアプローチとの違いは、その目的にあります。つまり福祉の場合は、最終的なゴールは健常者と障害者の差をなくすこと。障害があるから何かができないというバリアをとっていくことです。例えば、目が見えない人が自宅から駅まで行けない場合、そこに点字ブロックを設置するというのが福祉の発想です。

もちろんそれはすごく大事なことだと思いますが、そうやって同じにしようとしたところでやはり違いは残ります。その「違い」に、わたしは興味があるのです。

例えば、目の見えない状態で駅までの道を歩けても、目が見える人との経験はまったく異なるはずですよね。目が見えなかったら、地面の感触に対してもっと敏感になるだろうし、目印もパン屋さんの匂いといった視覚以外の感覚に訴えるものかもしれません。そうした同じ行動をしているように見えても経験が違うところ、健常者と障害者の間で経験するものがどう違うのかということを知りたいんです。

「障害者は健常者と違う」ということは、社会のなかでなかなか言ってはいけない雰囲気がありますよね。でも本当におもしろい部分はその違い。違いがあるからこそ「そこはどうなの?」とお互いに聞くことができ、コミュニケーションが生まれると思うんです。わたしの研究によって、その違いがおもしろいということを伝えていきたいと考えています。

──違いを知ることで見えてくる気づき、現実世界に生かせることにはどのようなことがあるのでしょうか?

例えば今年行うワークショップに、健常者と視覚障害者がグループになって「全員目が見えない人だけで国をつくったらどんな国ができるだろう?」ということを考えるものがあります。パラレルワールドのようにもうひとつの世界に視覚をもたない人類がいて、わたしたちと同じだけの進化をし、国家や社会をつくったらどうなるか、ということを考えるわけです。

ワークショップではまず建築や街のつくり、コップやお皿の形といったハード面と、法律や食のあり方といったソフト面を考え、最終的には建築家やシェフ、アーティスト、デザイナー、政治家といった方々に参加してもらい、それまでに出た「視覚のない国」のアイデアをプロトタイプとしてかたちにしていきます。

ワークショップによって見えない人に適したもののあり方がわかれば、見えない人に合った社会のつくりかたがわかりますよね。一見フィクショナルなことを考えているわけですが、最後は現実に返したい。このワークショップでは、参加した方たちがそれぞれの分野に学んだことをフィードバックすることで、見えない人にとってのよりよい社会をつくっていくことにつながると考えています。

また「視覚がない」という極端な条件を考えることで、当たり前ではない別の発想をしてみるきっかけにもなります。人と環境の関係や、これまで当たり前だと思っていた社会のしくみ。そうしたものに別の可能性もあるんじゃないかと見直す機会になったらいいと思いますね。

──身体論として障害と接しているとおっしゃっていましたが、身体についてはどのような新たな視点が得られるのでしょうか?

見えない人と一緒にいると、彼らとコミュニケーションをするためにわたしたちが普段だったら言葉にしないようなことも言語化せざるを得なくなります。そうすると色や形に対して、見えていると説明する必要がなかった感じ方の違いを知ることができます。

ある色を見て、見えていれば「これ」と言えば済むものを、例えば「ナスの色」と言う人もいるかもしれないし「学ラン」と言う人もいるかもしれない。「オーロラ」と言う人もいるかもしれません。同じものを見ていても、相当違う印象をもっていたんだということに気づきます。

つまり視覚障害者がわたしたちのコミュニティーに入ることで、その場のコミュニケーションの仕方や話す内容が変わり、結果として健常者同士の違いも見えてくる。誰でも最初は「障害者と健常者」の違いに注目がいくものですが、障害者と接しているうちに障害の有無にかかわらずみんながそれぞれ違うということがわかってきます。「見る」には絶対的な力があると思われがちですが、見ることにも幅があり、みんながそれぞれ違うものを見ているということに気づけるんですね。

asaito_book

目の見えない人は世界をどう見ているのか』〈光文社〉。視覚障害者の空間認識の仕方や身体の使い方を分析することで、目の見えない人の世界のとらえ方をひも解いた1冊。

──違いを知ること、楽しむことは障害に限らず、多様性が必要といわれるあらゆる場面で求められることかと思います。違いを楽しむための第一歩として、わたしたちにできることは何でしょうか。

素直さをもつことが大切だと思いますね。例えば子どものころって、障害のある人がいると「どうやって歩いているのかな」と気になりつい見てしまうことがありますよね。もちろん、相手を不快にする行為をするべきではありませんが、そうした興味があるという気持ちは素直にもっていていいんだと思うんです。

いま、『目の見えない人は世界をどう見ているのか』を小学生向けにした本をつくっているんです。障害をもつ方たちに失礼にならないような配慮は必要だけれど、同時に「障害はアンタッチャブルなものだ」と思ってしまう前に、子どものころに抱く純粋な好奇心自体は間違ったものではないということを教えたいですね。

日本社会には多様性がない、とよく言われますが、実は多様性はもともとあって、その多様性が見えにくい社会なだけだと思うんです。人との違いが見えたときに、それはまずいことではなく面白いことなんだよということを伝えていけば、自ずと多様性は見えてくると思います。

※ 4月9日発売の『WIRED』vol.22「病気にならないカラダ」にて、伊藤が選ぶ「身体」を考えるブックガイドを掲載!

INFORMATION

『WIRED』VOL.22「BODY & HEALTH 病気にならないカラダ」

先端科学とテクノロジーは、ぼくらのカラダをいかに変えていくのか? 微生物・量子・遺伝子から見えてくる身体の新常識、21世紀のヘルスを拓く施設、そしてウェアラブルや遺伝子編集などのテクノロジーがもたらす「未来のヘルスケア」を読み解く。第2特集「イスラエル ゼロワン国家の夢」のほか、人間と囲碁AIの頂上決戦を目撃した4人の証言、映画『レヴェナント』の音楽を務めた坂本龍一&主演レオナルド・ディカプリオの独占インタヴューを掲載。