垂れたおしりを撃退!カンタン「美尻ストレッチ」

写真拡大 (全6枚)

春になり、服装も軽やかになるにつれ、気になってくるのが冬に蓄えた脂肪。

特にお尻に脂肪がつくとお尻が下がり、形が崩れてだらしなく見えてしまいがち。

「どうにかしたいけど、運動はちょっと続ける自信がない……」というあなた、まずはストレッチで体を動かす習慣を作っていきましょう!

今回はパーソナルトレーナーの筆者が、お尻の垂れ肉撃退ストレッチをレクチャーします。

■美尻ストレッチの前に

早速ですが、あなたは体の柔軟性には自信がありますか? 冬のあいだ体を動かす事が少なかったというあなた、そのままだと体はどんどん硬くなってしまっていますよ?

まずは足を閉じて立ち、前屈をしてみましょう。

どこまで下がれましたか?

「あれ?床に指が届かなくなった」、「今まで以上に腰が曲がらない」なんてことはありませんか?

前より体が硬くなっているということは、その部分を動かすことが少なくなった分、脂肪を代謝させる力が低下しているということなのです。

■硬くなったお尻や太ももの裏側をストレッチ!

代謝を促すために、まずはストレッチでお尻や太ももの裏側を柔らかくしていきましょう。

(1)膝を立て、脚を開いて座ります。

伊藤さんストレッチ

(2)両膝を片側へ倒し、倒した側の脚に体をかぶせるように体をひねります。伊藤さんストレッチ伊藤さんストレッチ

ここでお尻の外側や裏側、太ももの付け根や裏側が少しずつ伸びているのを感じられる方もいるかと思います。

ちょっとずつ伸ばしていくと、お尻や太ももの裏側が伸びて“イタ気持ちいい”ポジションが見つかるはず。

「まだまだイケる!」という方は、かぶせた体を少しずつ下に倒して行き、床にうつぶせになるくらいまで上半身を倒してきましょう。伊藤さんストレッチ

(3)まだ伸びが弱いという方はさらに、後ろ脚を真っ直ぐ後ろに伸ばしていきます。伊藤さんストレッチすると体が前脚の上に完全に覆いかぶさる形になります。

ここまでできると、後ろ脚の股関節の前側や、太ももの前側もしっかり伸ばすことができます。

片方90秒以上を目安に、左右両方気持ちよく伸びるのを感じながらストレッチしましょう。

下半身全体を伸ばすことで柔軟性が高まり、少しずつお尻と太ももまわりの代謝がアップしていきます。

無理なく続けて、理想のスッキリしたシルエットを手に入れましょう!

【筆者略歴】

伊藤晃一 ・・・ トレーナー歴14年。29歳で渡米、帰国後は“五感を満たせる快適な空間”でトレーニングをという思いから、『Studio Carpe Diem』をオープン。運動の主治医として運動・食事・水を個人に合わせて提案中。

【画像】

※ Syda Productions / shutterstock