トレンドスタイルが自分でできる!「コテの使い方」3ステップ【ミディアム〜ロング編】

写真拡大 (全11枚)

ミディアムからロングヘアの方は、髪を整えるのに時間がかかるぶん、朝バタバタしてしまいますよね。ただでさえ時間がないのに、うまく髪形が仕上がらなくて余計に焦ってしまうことも少なくないはず。

そんな時に活用しもらいたいのが「コテ」。カーラーよりも簡単に効率良く使えるのでおススメ。

そこで今回は、美容師である筆者が簡単キレイに仕上がるコテの使い方をご紹介します。

前回はショートボブからミディアム編をお伝えしましたが、今回はミディアムからロング編です。

■基本の長さ

今回はこの長さです。ミディアムロング、前髪ありで表面にあまり段差の入ってないスタイル。手グシを入れながら乾かした状態です。仕上がりが見違える!美容師が教える「コテの使い方」3ステップ ミディアム〜ロング編

(1)ブロッキングしよう

頭を縦に4分割するイメージで分けます。この時、耳の後ろで分ける位置が前後でだいたい等しくなるようにしてください。(耳の位置は人それぞれ違うので、若干前後しても構いません)仕上がりが見違える!美容師が教える「コテの使い方」3ステップ ミディアム〜ロング編

(2)巻いてみよう

4分割したものを表面と内側に分け、まずは内側の毛から巻いていきます。表面の髪はヘアクリップなどで留めておくと良いでしょう。

今回は32mmのコテを使います。まずは毛先から1.5回転で巻いていきます。 この時、頭皮から90度近くまで髪の毛を持ち上げて巻くと、フワッとしてより良くなります。 

その後、巻いた上の所を少しつまみ、2束くらい縦で巻きます。板橋それを次のパネル(板状にブロッキングした毛束)でもやって行きます。まずは持ち上げ毛先を巻き、つまんだところを2束縦で巻きます。

仕上がりが見違える!美容師が教える「コテの使い方」3ステップ ミディアム〜ロング編この縦で巻く2束がポイントです。毛流れが少し違う動きをしているのがわかりますか?板橋さん巻き終そして表面も巻いていきます。縦巻きはまずは1束のみ巻き、バランスを見ながら巻き足していきます。仕上がりが見違える!美容師が教える「コテの使い方」3ステップ ミディアム〜ロング編後ろも同様に巻いていきます。首もとにタオルなどを巻き、火傷に注意して下さい。仕上がりが見違える!美容師が教える「コテの使い方」3ステップ ミディアム〜ロング編左右を比べると一目瞭然ですね。動きと華やかさが出ました。仕上がりが見違える!美容師が教える「コテの使い方」3ステップ ミディアム〜ロング編反対側も同様に巻きます。

(3)崩しましょう

前髪もサラッと巻いたら、スタイルが固定されるよう完全に冷ましましょう。その後、手グシを入れて崩していきます。仕上がりが見違える!美容師が教える「コテの使い方」3ステップ ミディアム〜ロング編仕上がりが見違える!美容師が教える「コテの使い方」3ステップ ミディアム〜ロング編

見違えるほど動きとふんわり感が出ました。縦で巻いた部分が違った動きをしてスタイルに表情を出してくれています。これがポイントです。

最後にスプレーWAXやクリームWAXなどを付ければ、スタイルが長続きしますよ。

ほんの一手間でトレンドのヘアスタイルを手に入れること間違いなしです。ぜひお試し下さい。

【筆者略歴】

板橋充 ・・・ 美容師。CLASICOサロン代表兼ディレクター。講習活動やヘアメイクも数多く手掛け、各種媒体へのスタイル記載も多数。“5秒でするべき髪型がわかる”という独自のカット理論には定評があり支持されている。

【画像】

※ iconogenic / shutterstock