左SBは新戦力・三丸&小川が争う…U-23日本代表候補、生き残り懸けるメンバーがアピール

写真拡大

 U-23日本代表候補は12日、静岡県内でトレーニングキャンプ2日目を行った。2部練となったこの日、午前中はプールやジムでリカバリーを行い、午後はフォーメーション練習を行うなど戦術を確認した。

 円陣を組んでスタートさせた午後練はフィールドプレーヤーとGK陣に分かれ、フィールドプレーヤーはボールを使った練習を行った後に狭い範囲での10対10に移行し、GK陣はクロスへの対応などを行った。その後、4-2-3-1のシステムに当てはめてフォーメーション練習を行い、最後はハーフコートでの11人対11人を行って2日目の練習を終えた。

■11対11の並び(スタート時)

●ビブスあり

    富樫

小塚  中島  野津田

   原川 矢島

三丸 奈良 岩波 亀川

    櫛引

●ビブスなし

   オナイウ

金森  鎌田   前田

   橋本 三竿

小川 三浦 植田 伊東

    牲川(杉本)

 負傷者が相次ぐSBでは15年8月の京都合宿以来の招集となったDF伊東幸敏(鹿島)と、手倉森ジャパンでは左SBでの起用が多かったDF亀川諒史(福岡)が右SBでプレー。そして左SBの位置にはDF三丸拡(鳥栖)とDF小川諒也の初招集組が入った。

 三丸や伊東が好クロスから好機を創出し、ボランチの位置に入った初招集のMF橋本拳人(F東京)がFW金森健志(福岡)の落としからゴールを陥れるなどアピール。また、14年12月のタイ・バングラデシュ遠征以来の招集となったDF三浦弦太(清水)が最終ラインから「声」で仲間を動かすなど、リオ五輪アジア最終予選を戦ったメンバー以外の選手たちも存在感を示した。

 静岡合宿最終日となる翌13日にはJ2清水との練習試合が行われる。

(取材・文 折戸岳彦)


●リオデジャネイロ五輪特集