11日、昨年末に女児を出産した中国の女優チャン・ツィイーが、自然分娩に母乳育児と最も伝統的な方法を選んでいる。

写真拡大

2016年4月11日、昨年末に女児を出産した中国の女優チャン・ツィイー(章子怡)が、自然分娩に母乳育児と最も伝統的な方法を選んでいる。新浪が伝えた。

【その他の写真】

チャン・ツィイーは昨年、人気ミュージシャンのワン・フォン(汪峰)と入籍。12月27日、米カリフォルニア州の病院で女児を出産した。今月10日、愛称・醒醒(シンシン)ちゃんの生後100日目を祝うパーティーを北京で開催。メディアの前で初めて愛児の顔を披露した。

ワン・フォンによると、チャン・ツィイーは出産に当たり、中国人女性に多い帝王切開ではなく、たっての願いで自然分娩を選んだ。現在は2〜3時間ごとに母乳を与え、いずれも伝統的な方法にこだわっている。出産後、すぐに元のスリムな姿に戻って世間を驚かせたが、毎日3〜4時間かけてヨガとピラティスを行い、決して自分を甘やかさないという。

パーティーにはワン・フォンの10歳になる長女も登場し、初めて家族4人の姿を見せた。中国版ツイッターで義理の娘をたまに登場させ、仲良しだと示してきたが、パーティーでは「うちの長女」と紹介。よきママとしてネット上からは絶賛の声が上がっている。(翻訳・編集/Mathilda)