【スラムダンク奨学金8期生・猪狩渉インタビュー@前編】

 2015年3月に渡米して約1年――。スラムダンク奨学制度(※)に応募し、トライアウトを経て見事に合格。第8回奨学生に選ばれた猪狩渉(いがり・わたる)は、バスケットボールの本場・アメリカのコートで汗を流している。高校時代は控え選手だった彼が、スラムダンク奨学金に応募しようと思ったきっかけとは。

(※)スラムダンク奨学制度=漫画『スラムダンク』の作家・井上雄彦氏の、「バスケットボールに恩返しがしたい」との想いで設立されたプロジェクト。奨学生をプレップスクール(大学に進学するまでの私立学校)に派遣し、14ヵ月間、勉強とバスケットボールのできる環境を提供している。【スラムダンク奨学金ホームページ→http://slamdunk-sc.shueisha.co.jp/】

 第8回奨学生・猪狩渉は、子どものころからアメリカのバスケットボールに憧れを感じていた。

 最初のきっかけは、バスケットボールを始めた7〜8歳のころに親戚のおじさんから見せてもらった市販ビデオテープ――『マイケル・ジョーダン/プレイグラウンド』。何度も繰り返し、巻き戻して見ながら、「自分もNBA選手になりたい」と憧れを抱くようになったのだという。

 中学生になるころには、「バスケットボールのプロ選手になる」という夢を持つようになった。高校は名門・能代工業に進学したが、1年と2年は応援係で、3年生になってようやくベンチ入りすることができたぐらい。ほとんど試合に出ていないので、当然、関東の強豪大学から勧誘されるわけもなかった。

「それでも夢をあきらめたくなくて、どうせ通用しないんだったら、よりレベルの高いところでもっと自分を磨きたいなと思った。そのときにちょうど、月バス(月刊バスケットボール)でスラムダンク奨学金の記事を見て、応募しようかなと思いました」と語る。

 スラムダンク奨学金のことは、以前から知っていた。

「小学校4年生のころに買った月バスに、1期生の並里成(なみざと・なりと/現・大阪エヴェッサ)さんの記事が載っているのを見て、『こういうのがあるんだ。すごい!』と思っていました。その後も、各年代の奨学生の活躍を雑誌やインターネットで確認していました。実際に自分の代になって応募するとは、そのときは思っていなかったですけれど」

 応募しようと考え始めたきっかけは、同じ東北出身で、7期生の村上駿斗(むらかみ・しゅんと/山形南高校出身)との会話だった。以前から県選抜やジュニア・オールスターなどで対戦していた村上は、猪狩にとって憧れの存在だった。

「僕が高校2年生の大分インターハイのとき、山形南と能代工業は同じ宿舎だったんです。そして偶然、大浴場で一緒に入る機会があり、そのときにいろいろとお話させてもらって。『村上さん、進路どうするんですか?』って聞いたら、『俺はスラムダンク奨学金でアメリカに行くから』って言っていた。そのときは、まだ村上さんも受かっていないんですけれどね。それでも、『俺もアメリカに行くから、お前もアメリカ来いよ』と言われて。それも(応募する)ひとつのきっかけでした」

 そして応募したら、書類選考を通過し、トライアウトのための渡米メンバーに選ばれた。彼にとって、海外に行くのは初めて。パスポートもこのとき、初めて取得した。

「トライアウトでピックアップゲームをやったんですけれど、そのときはたまたま調子がよくて。外のシュートも入りましたし、自分のスピードを生かしたドライブも通用した。

 能代では周りにいい選手がいたので、『周りを生かせ』と言われていたのですが、このトライアウトのときは、(スラムダンク奨学生受入校:サウスケント・スクールの)ジェファーソン・コーチから、『お前が点を獲りに行け』と言われて、その言葉がすごく新鮮だった。もともと中学のころは点獲り屋で、基本的に点を獲りたいっていう意識があったので。この言葉で、『自分の持ち味を出していいんだ』と思うようになり、自分をもっと出せるのはアメリカかなって思いました」

 トライアウトのメンバーのなかには自分より実績のある選手もいたが、アメリカに行ったら日本での実績は関係なかった。

「初めて実力で見てもらえた。それが、自分の自信にもつながりました」

 そして8期生に選ばれ、昨年3月に渡米――。当初は、英語も話すことができずに苦労した。だが、7期生の村上駿斗がいたおかげで、いろいろと教えてもらうことができたという。

「アメリカに出てきた当初は、英語も何も聞き取れない。聞き取れないから話せない。毎日、毎晩、泣きながら勉強して、すごく苦しかった。それでも村上さんが毎日、バスケットの練習も、授業も、私生活も全部助けてくれて、バスケットの考え方や勉強の仕方も教えてくれた。(シーズンが終わってからの渡米だったので)村上さんと同じチームでプレーすることはできなかったんですけど、いつかは同じプロとして一緒にプレーできたらなって思っています」

 渡米して4〜5ヶ月経ったころ、ひとつ気づいたことがあった。夏休みの間、フロリダにあるIMGアカデミーで勉強とバスケットボールに励んでいたころだ。

「アメリカ人は自己主張が強いんで、そこで自分が受け入れたり、彼らの話を聞いていたりしたら、逆にナメられる。『ここは引いたらダメだ』と思ったので、そこから言い返すようにもなりました。文句も負けないように言って。あと、身体が小さい(身長168センチ)とやっぱりナメられるんで、ウェイト・トレーニングを頑張りました。そうすることによって、対等にモノを言えるようになりましたね」

(後編に続く)


☆後編では、漫画『スラムダンク』の作者・井上雄彦先生から、バスケットボールを愛する人に向けてのメッセージを掲載!

宮地陽子●取材・文・写真 text & photo by Miyaji Yoko