12日、北朝鮮レストランの従業員13人が韓国へ集団脱出した事件で、韓国メディアは北朝鮮専門メディアの報道を引用し、「従業員らは柳京ホテル所属で、労働党や行政機関幹部の子どもである」と伝えた。

写真拡大

2016年4月12日、北朝鮮レストランの従業員13人が韓国へ集団脱出した事件で、韓国・聯合ニュースは北朝鮮専門メディアの報道を引用し、「従業員らは柳京ホテル所属で、労働党や行政機関幹部の子どもである」と伝えた。

平壌の消息筋は韓国の北朝鮮専門メディアの電話インタビューで、「今回脱北を強行した13人は対外奉仕総局傘下の105階建ての柳京ホテルに所属する党や行政機関の子どもたち」とし、「賦課された党の資金作りはもちろん、柳京ホテル建設に必要な資材を確保するための外貨稼ぎに投入され、数十年間海外で働いてきた」と説明した。

また、「外貨稼ぎはしばらくうまくいっていたが、国連の対北朝鮮制裁後に大きな危機を迎えた」とし、「平壌市民の間では柳京ホテルの党書記や支配人、対外奉仕総局局長など数人の責任幹部は無事ではいられないだろうとのうわさが流れている」と述べた。

その上で、「今回の集団脱出により、対外奉仕総局や柳京ホテルの幹部らはもちろん、国家安全保衛部も絶望に陥っている」と明らかにした。

また、集団脱出を防げなかった原因は「監視が不十分だったため」と考えられており、監視人員を増やし、同じようなことが発生しないようにする法案も検討されているという。

これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「もどかしい。金正恩(キム・ジョンウン)1人を倒せば全てが解決するのに」
「韓国政府の北朝鮮制裁が効いているということ。このまま続ければ、北朝鮮は必ず崩れる!」

「脱北した子どもたちの両親が心配…」
「すぐに大規模な処刑が行われるのでは?」
「孤立した独裁政権が崩れる前に、国民たちが慌てて国を脱出している」

「まだ始まりに過ぎない。数カ月後には北朝鮮国民の大量脱出事件が発生するだろう」
「もし朝鮮半島が平和的に統一されても、金正恩一家は必ず拘束しなければならない」

「朝鮮半島の歴史上、市民革命が成功したことは一度もない」
「今後が心配だ。北朝鮮国民が韓国に押しかけてきたらさまざまな問題が生じるのでは?」(翻訳・編集/堂本)