▽川崎フロンターレは12日、DF小宮山尊信(31)が全治5カ月程度の右足関節骨折で離脱することを発表した。

▽小宮山は、6日に行われたナビスコカップ・グループB第3節のアルビレックス新潟戦で負傷。川崎市内の病院で精密検査を受けた後、11日に手術を受けたという。

▽2006年に横浜F・マリノスでプロキャリアをスタートさせた小宮山は、2009年に川崎Fへ移籍。負傷した先の新潟戦で今シーズン初出場を記録した。