『少女椿』 ©2016『少女椿』フィルム・パートナーズ

写真拡大

映画『少女椿』の予告編が公開された。

【予告編を見る】

R15+指定で上映される『少女椿』は、1984年に発表された丸尾末広の同名漫画が原作。母を病気で亡くして孤児となった14歳の少女・みどりと、みどりが身を寄せる赤猫サーカス団のメンバーたち、さらに瓶に入って団長のもとに届けられた超能力者・ワンダー正光らが繰り広げる人間模様を描いた作品だ。

TORICO監督が自ら編集を手掛けた予告編は、アニメーションも交えた構成となる。みどり役の中村里砂の劇中での姿をはじめ、赤猫サーカス団員の美少年・カナブン役の武瑠(SuG)、蛇使いの紅悦役を演じる森野美咲、足芸を得意とする鞭棄役の佐伯大地、団長・嵐鯉治郎役の中谷彰宏らの姿が確認できるほか、武瑠が眼球を舌で舐められる場面も盛り込まれている。さらにチャラン・ポ・ランタンによる主題歌“あの子のジンタ”の一部も聴くことが可能だ。なおワンダー正光役を演じる風間俊介の姿も映した予告編の公開も後日予定されているとのこと。