写真提供:マイナビニュース

写真拡大

オンキヨー&パイオニアイノベーションズは4月12日、デジタルオーディオプレーヤー「DP-X1」「XDP-100R」が、小容量かつ高音質のハイレゾファイル「MQA」に世界で初めて対応したと発表した。

MQAは、英Meridianが開発したハイレゾ対応の音楽ファイルフォーマット。ファイル容量を小さく抑えながらスタジオマスターと同等の高音質を再現する。上位フォーマットとして、音源がアーティストやプロデューサー、版権元などに認められた「MQA Studio」も用意。オンキヨーのDP-X1とパイオニアのXDP-100Rは、Musicアプリをアップデートすることで、世界で初めてMQAに対応する。

DP-X1やXDP-100R用の音源転送ソフト「X-DAP Link」も近日中にアップデートし、MQAをサポートする予定だ。4月12日現在、MQAのファイルはFLACなど異なる拡張子で表示されるが、DP-X1やXDP-100Rへの転送時にはMQAとして正しく認識される。

また同日より、ハイレゾ音源配信サイト「e-onkyo music」にてMQA音源の配信を開始した。主な配信タイトルは以下の通り。

・Cantus, Tove Ramlo-Ystad, Frode Fjellheim, Snorre Bjerck「SPES」

・Nidarosdomens jentekor,TrondheimSolistene 「MAGNIFICAT」

・V.A.「2L」

・HOFF ENSEMBLE「Quiet Winter Night」

・TrondheimSolistene「SOUVENIR」

(藤谷佳奈)