11日、江蘇省南京市に住む男性がこのほど、陝西省咸陽市の友人から米アップル社のスマートフォン・iPhone6を配送してもらったが、3日たって男性の元に届いたのは緩衝材だけで、iPhone6は消えていた。資料写真。

写真拡大

2016年4月11日、華商報によると、江蘇省南京市に住む男性が陝西省咸陽市の友人から米アップル社のスマートフォン・iPhone6を配送してもらったが、3日たって男性の元に届いたのは緩衝材だけで、iPhone6は消えていた。

男性の友人がiPhone6の配達を頼んだのは5日。男性のもとに8日に配達されたが、受け取った男性はすぐ不自然なほど箱が軽いことに気付いた。配達員と共に郵便局に行き、第3者の立ち会いの下で箱を開けた。すると、箱の中には緩衝材が残っているだけだった。男性は友人に連絡を取り、配送業者に苦情を申し立てた。

配達伝票には携帯電話と記されており、発送を受け付けた代理店も間違いないとしている。配送業者は現在調査中とするが、関係者は「発送時のかけた補償額は1500元(約2万5000円)となっており、品物が見つからなければ、損害賠償金は1500元しか支払われない」と話している。(翻訳・編集/岡田)