台湾でもやっぱり、素朴なお菓子【甲斐みのり「おやつの時間」】

写真拡大

4泊5日、台湾の旅から戻って数日。おやつは連日、「手天品社區食坊」の焼き菓子。手天品社區食坊は、雑貨店や上品な茶芸館が集まる永康街にあり、無添加の素材で安心なおやつをつくる店。「おやつ好きのみのりちゃん、台湾に行ったら必ず立ち寄って!」と強く友人にすすめられていたのです。
ところが、もっとも行きたいお店のひとつを訪ねた日、なんと店は臨時休業。貼り紙にはおそらく、「おまつりのため」というような文言が書かれていました。次の営業日は帰国する日。そこで最終日に空港へ向かう前、天品社區食坊のおやつだけを目当てに、タクシーで店を目指しました。
もともとは、近所の主婦たちがつくったお菓子を販売していたそう。店構えも簡素で無駄がなく、お菓子は素っ気ないくらいさりげなく並べられています。
帰りの飛行機で、チョコレートケーキをぱくり
朝9時の開店時間とともに扉を開き、身振り手振りでコミュニケーションをとりながら、日持ちや材料を尋ねて購入。マフィン、パイナップルケーキ、クルミケーキ、オートミールクッキーなど、友人の分も。求めたお菓子は、リサイクルの紙袋に詰めて手渡されました。
我慢しきれずひとつだけ、帰りの飛行機でチョコレートケーキをぱくり。ホームメードおやつを思わせる、素朴だけれどほっとする味。トランクに明日からのおやつが入っていると思うだけで、ふふふと顔が緩みます。
「早く家でおやつの時間を過ごしたいなあ」、数日離れた日常を懐かしく感じられたのも、台湾で出会ったおやつのおかげです。

甲斐さんのおやつアーカイブをInstagramでチェック!
@mylohas_official フォローしてくださいね。

[手天品社區食坊]