チアゴ・シウバ、イブラのプレミア行きに物申す「彼にとってステップダウン」

写真拡大

▽パリ・サンジェルマンに所属するブラジル代表DFチアゴ・シウバが、スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチに噂されるプレミアリーグ行きに物押した。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。

▽今シーズンの公式戦42試合出場で39得点を記録するなど34歳ながら未だ健在のイブラヒモビッチ。今シーズン限りでPSGとの契約が満了を迎えることで、ユナイテッドをはじめとする多くのクラブとの関連が囁かれている。

▽チアゴ・シウバはミラン時代からチームメートとして親交のあるイブラヒモビッチのPSG残留を希望。本人にとってもプレミアリーグのチームに移籍しても「ステップダウン」にしかならないとの見解を示した。

「彼は僕の親友だ。34歳でありながらも、キャリア最高のフットボールを披露しているね。彼は、世界最高の選手の1人さ。彼はユニークだし、彼ほどの選手は他にいない。もちろん、彼にはPSGに残ってほしいよ。彼なしなんて損像できない」

「彼にイングランドからオファーがあったことは知っているよ。とても大きなリーグだ。けれど、今のようなPSGのレベルにあるチームがイングランドにあるとは思えないね。僕から言わせてもらえば、彼にとって、イングランド行きはステップダウンだよ」