画像

写真拡大 (全4枚)

 ランサーズは、全国の20歳から69歳までの男女3,000人を対象に「フリーランス実態調査」を実施した。その結果、日本における広義のフリーランス数が1,064万人に達し、昨年度対比で17%増加していることがわかった。

 ランサーズは、全国の20歳から69歳までの男女3,000人を対象に「フリーランス実態調査」(2016年版)を実施した。

●国内のフリーランス人口は1,064万人に

 同社調査によれば、広義のフリーランスの数が1,064万人と、昨年度対比で17%増加していることがわかった。米国が5,300万人から5,400万人と1年で2%の増加率であるのに対し、日本ではそれを上回るスピードでフリーランスが増えていることが明らかになった。

●複数企業の仕事をこなすワーカーが急増

 同社はフリーランスの働き方を、副業系すきまワーカー、複業系パラレルワーカー、自由業系フリーワーカー、自営業系オーナーの4タイプに分類した。その結果、特に複数企業の仕事をこなす複業系パラレルワーカーの数が昨年に比べて3倍近くと急増していた。

●オンラインで働くフリーランスは150万人

 オンラインで働くフリーランスの数を調べたところ、150万人となり、その割合が12%から15%と増加していることが明らかになった。アメリカにおいてもフリーランスのオンライン化がこの1年間で42%から51%と半数近くまで進んでいる。

●日本のフリーランスにおけるモチベーションは「自由」

 米国のフリーランスは「収入」をモチベーションに上げることが多い一方、日本では、45%の人が「自由」な働き方を求めてフリーランスになっているという結果となった。その一方で53%の人がフリーランスになることへの障壁として「収入の不安定さ」「社会的信用のなさ」を挙げていた。

MarkeZine編集部[著]