4月10日まで行なわれた競泳日本選手権。日本水泳連盟の平井伯昌(のりまさ)競泳委員長が「20年東京五輪につながるような、若い女子選手が代表に入ってきたことが、今回の大きな特徴だった」と話すように、高校1年、中学3年などの若手が力を発揮して、代表入りした。

 その筆頭が、高校1年生の池江璃花子(いけえ りかこ)だ。彼女は昨年、中学3年ながら世界選手権の400mリレーと800mリレーの代表になっていた。

 昨年4月の日本選手権は、日本ランキング1位で臨みながらも100mバタフライでまさかの予選敗退。しかし、10月のワールドカップ東京大会で、リオ五輪派遣標準を突破する57秒56の日本記録を出すと、今年に入ってからは自由形50mで24秒59、100mは53秒81と日本記録を連発して勢いに乗っていた。

 そんな池江がメイン種目と考えているのが、100mバタフライ。今回は準決勝で57秒55の日本記録を出し、順調に駒を進めた。(800mリレー代表も狙う)200m自由形準決勝を終えて、約50分後に臨んだ100mバタフライ決勝では「前半が速かったので、少しバタついた泳ぎになってしまった」というように、57秒71とタイムを落としたものの、雪辱を果たす優勝を飾り、派遣標準を0秒06上回って代表権を獲得した。

 池江の登場は、12年ロンドン五輪まで、この種目を牽引した加藤ゆかの引退後、メドレーリレー立て直しのためにも日本水泳界が待ちわびていたことでもある。レース後の場内インタビューでは、話し始めた途端に大声で泣き出してしまう初々しさを見せた池江。記者の前では「自分でもそんなに涙が出てくるとは思わなかった。200m自由形と2種目やるかどうか迷ったけど、今になって間違いではなかったなと思った」と笑みを浮かべた。

 池江は、ランキング2位で臨んだ200m自由形では1分57秒39の高校新で優勝。800mフリーリレー代表権獲得に貢献すると、5日目の100m自由形決勝では、54秒06で2位になって400mフリーリレーの代表権も獲得した。さらに最終日の50m自由形決勝は、疲労が溜まる今大会12レース目ながら、自己記録に0秒02及ばないだけの24秒76で3冠を達成する活躍だった。

 100mバタフライとリレー3種目の計4種目での五輪代表を決めた池江は「100mバタフライに一番力を入れていたので、そこで派遣標準を切って代表になれたのがすごい大きな力になった。そのあとの200m自由形と100m自由形や今日のレースも、しっかりした気持ちで臨めたと思う」と、大会を振り返った。

 また、「五輪の目標はバタフライの決勝進出と、リレーで日本新を出すこと。本番も今回と同じようなタフなレースになると思うので、気持ちも体もリラックスした状態で自分のレースができるように頑張りたい」と話し、その表情は大会初日の大泣きから日々変化し、精神面の急成長を感じさせた。

 そんな池江と同じように、200mバタフライでも、今年に入ってから好記録を連発していた高校2年の長谷川涼香が、準決勝で派遣記録を突破する2分06秒85の自己ベストで1位通過。決勝でも星奈津美に次ぐ2位で代表権を獲得して、「1年後輩の璃花子が先に五輪を決めたのを見ていたので、自分も行けるのはすごくうれしい。五輪では星さんにしっかりついていきたい」と満面の笑みをみせた。

 さらに200m個人メドレー決勝では、高校1年の今井月(いまい るな)が、最後の自由形で追い込んで昨年の世界選手権2位の渡部香生子を0秒17逆転して2位に。記録は2分10秒76の世界ジュニア記録で、2分09秒87で優勝した寺村美穂とともに実力者の渡部と清水咲子(400m個人メドレー代表)を破る番狂わせを演じて代表権を獲得した。

 元々平泳ぎをメインにやっている今井が、200m個人メドレーを本格的にやるようになったのは、昨年10月のワールドカップ東京大会で2分11秒45の中学新を出してから。

「100m平泳ぎが終わって『やっぱり自分は五輪へ行けないのかな』と思っていたけど、レース前にコーチから『ルナは挑戦者だから何も失うものはないと』言われて、そうだなと。2コースで最後のターンした時はみんなが見えたから、とにかく2位になりたいと思って最後は死ぬ気で泳ぎました」

 こう言って明るく笑う今井は、「メインにする200m平泳ぎは1枠だから厳しい。どちらかといえば200m個人メドレーの方が可能性はあるのかな」と考えていたという。

「ずっと五輪を目標にしていたので、何か夢みたいです。去年の日本選手権では、100m平泳ぎで2位になれたのに派遣標準を切れないという本当に悔しい思いをして、改めて日本代表に入りたいと思っていました。今こうして五輪へ行けるようになったのがすごくうれしいです」

 こう話す今井にとって大きな刺激になったのは、個人メドレー決勝の2レース前に行なわれた女子100m背泳ぎ決勝の結果だった。中学3年の酒井夏海が1分00秒12の中学新で優勝し、メドレーリレーでの代表入りの可能性を高くしていたのだ。今井はそれを見て、「1歳下の夏海が決めてくれたので、次は絶対に自分の番だ。絶対に行けると信じていた」と話す。

 その酒井は、大会前の日本ランキングでは100mが8位で200mは2位。どちらかといえば200mで期待されていた。しかし、大会に入ると100mの予選と準決勝で中学新を連発し、決勝ではそれをさらに塗り替えた。大会前の自己記録から1秒20も縮めて優勝し、メドレーリレーで代表権を獲得したのだ。さらに200mも競り勝って2冠獲得と勝負強さを見せた。

 酒井は「五輪ではみんなの足を引っ張らないように、59秒台前半のスピードをつけていきたい」と話す。

 女子の若手新戦力が加入することで、リオ五輪だけではなく、2020年の東京五輪に向けての準備も整いそうな気配になってきた。

折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi