1.6リッター、2.0リッターの水平対向直噴ターボエンジンを搭載するスポーツツアラー、「スバル・レヴォーグ」が熟成の年次改良を受けて、2016年6月10日より発売開始となることが発表されました。

パワートレインなどの変更はアナウンスされていませんが、見えない部分での安全性能向上がポイントといえる改良となっています。

1

安全性における具体的な改良点は3つ。

前面衝突時に瞬時にシートベルトを巻き取り、乗員を拘束するシートベルトプリテンショナーを左右リヤシートにも採用。リヤシートのクッションも安全性の高い構造に改良するなど、後席の乗員保護性能を向上させています。フロントドアにアッパービームを追加し、側面衝突への対応も強化している点も見逃せません。

また、今回の改良ではグレード構成が見直されています。

全車にアイサイトは標準装備となるのは従来通りですが、1.6リッター車では特別仕様車として設定されていた「S-Style」がカタログモデルとなりました。一方、2.0リッター車は「GT-S」だけのモノグレード設定となっています。

そして、1.6GT EyeSightには、ガンメタリック塗装と切削光輝を組み合わせた新デザインの17インチアルミホイールを採用。1.6リッター、2.0リッターのGT-Sグレードには、華やかな印象となる「ブライトパール内装」をメーカーオプションとして新設定しています。

フロントドアガラスの室内側ショルダー部ウェザーストリップを2枚化により室内への透過音を低減。リヤクォーターガラスの板厚アップやカーゴルームの吸音材追加等で静粛性を高め、室内の質感と快適性を高めているのも改良点として挙げられています。

さらに注目のニュースは、STIモデルの追加設定について正式発表された点といえましょう。

詳細は発表されていませんが、レヴォーグに対してSTI(スバルテクニカインターナショナル)が味付けした最上級グレードが登場するということです。

発売予定は2016年夏、スバリストにとって大注目の一台となりそうです。

(山本晋也)

「あのモデル」も正式発表!スバル・レヴォーグが年次改良を実施。(http://clicccar.com/2016/04/12/365929/)