負傷交代の直後に“また”負傷…ヤンマートが壁殴って指2本を骨折

写真拡大

▽ニューカッスルに所属するオランダ代表DFダリル・ヤンマートが、フラストレーションから壁を殴り、指2本を骨折したようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が報じた。

▽9日にプレミアリーグ第33節でサウサンプトンとのアウェイ戦に先発したヤンマートだが、そけい部を痛めて前半途中に負傷交代していた。

▽伝えられるところによれば、早々に戦いを終えたヤンマートはチームの状況や自身の不甲斐なさに怒りを抑え切れなかったようで、更衣室の壁を殴ってしまったという。

▽なお、サウサンプトンに1-3で敗戦したニューカッスルは、これで直近のリーグ7試合で1分け6敗。1試合未消化ながら33節終了時点で降格圏内の19位に低迷している。