心優しきキャプテン・テリーが幼きファンの葬儀代を寄付

写真拡大

▽チェルシーの元イングランド代表DFジョン・テリーが、幼いチェルシーファンの葬儀代を支払ったようだ。イギリス『BBC』が報じている。

▽テリーは、昨年出会ったトミ・ミラーくんの家族に1600ポンド(約24万6000円)を寄付したとのこと。ミラーくんは、白血病との闘病生活を終え、先月8歳の若さで亡くなっていた。

▽トミくんの母親であるルース・ミラーさんは、テリーからの寄付金により“特別な墓石”を購入する計画を持っているとのこと。また、スタンフォード・ブリッジを訪れた時の出来事を回想し、「トミは彼に大きな印象を与えたみたいなの。私たちにとってはとても特別な出来事だったわ。そして、テリーはトミの好きな選手の1人だったの」と語った。

▽その後、遺族の友人が、寄付をしたいかどうかを尋ねるために、インスタグラムを通じてテリーと接触を図ったとのこと。テリーは「助けたい」と答え、今回の寄付に至ったようだ。テリーからのメッセージは以下のとおり。

「こんにちは

今日、葬儀屋と連絡をとりました。明日、埋葬や家族が乗る車、献花に関して、支払いをする予定です

とても悲しい話です

もし、家族にお話してくれるなら、私からの哀悼の意をお伝え下さい

ジョン」

▽なお、葬儀は14日(木)に行われ、参列者はチェルシーかケンブリッジ・ユナイテッド(トミくんの出身地)のユニフォームを着用することになる。