喫煙者は就職が難しく、収入も少ない傾向 米国の研究チームが発表

ざっくり言うと

  • 喫煙者は就職が難しく、収入も少ない傾向だと米国の研究チームが発表した
  • 対象の求職者250人は非喫煙者は56%、喫煙者は27%が就職したという
  • その就職者の中でも、喫煙者の時給は平均して5ドルほど低かったとのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング