【お気軽ガーデニング】冷蔵庫の「熟れたトマト」は捨てずに植えるべし! とってもカンタンに育つんだよ♪

写真拡大

冷蔵庫に入れておいたトマト。熟れ過ぎてしまって、冷やしトマトにも、サラダにもムリ……でももったいない、捨てたくない、っていうこと、ありません?

ならばいっそ、「育てちゃう」のはいかがでしょう。なんと、熟れたトマトは発芽しやすいらしいのです。

熟れすぎたトマトを活用してガーデニングを楽しむ、そんな画期的な方法をYouTubeよりお伝えします。家にあるもので、今すぐにでもトライできちゃいますよ。もちろん熟れ過ぎていない、おいしいトマトでもできます(もったいない気がするけどね)。

【トマトを植えるってマジ!?】

YouTubeでThe Wannabe Homesteaderさんが公開している動画「The Easiest Way To Grow Tomato Seedlings」によれば、なななんと輪切りにしたトマトを土に植えるそうな。えええええッ、これはビックリ! 

ちょっと思いもつかなかった方法ですが、これでガーデニングを楽しめて、しかも夏に美味しいトマトにありつけるのなら、やってみようではありませんか! 

【トマトの増やし方】

用意するものは、熟れたトマトと土(園芸用土)と植木鉢の3点のみ。まず植木鉢に土をたっぷり入れて、5mm程度の厚さに切ったトマトをのせて、上から土をかけるだけ。適度に水やりをすれば、1〜2週間後には50〜60もの新芽が出てきちゃうのですッ! 

その後、生命力のありそうな新芽を数本抜いて、別の植木鉢に植え替えてあげればOK。数カ月後には美味しいトマトが食べられるそうですよ。いつもなら食べちゃうトマトのちゅるちゅるした種、これがちゃんと発芽するとは知らなかった……。

食品としてもうだめそうなトマト、余ったトマトはとりあえず植えてみる、というこの画期的な方法で、春のガーデニングを楽しんでみてはいかがでしょう? 

参照元:YouTube
執筆=sweetsholic (c)Pouch

この記事の動画を見る