写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●ビジュアリゼーションを実現するアナリティクス
マイクロストラテジー・ジャパンは4月6日、TKP ガーデンシティ竹橋において「MICROSTRATEGY SYMPOSIUM TOKYO」を開催した。本シンポジウムは、同社の最新動向と今後のビジョン、最新リリースの機能などについて、製品デモや活用事例も踏まえて紹介するというもの。今回はその中から、米MicroStrategy CEOのマイケル・セイラー氏が登壇したキーノートの様子をレポートしよう。

2015年10月に、約6年ぶりの大型バージョンアップを果たしたエンタープライズ向けアナリティクス統合プラットフォーム「MicroStrategy 10」。その最新版である「MicroStrategy 10.3」について、セイラー氏は「洞察のための『アナリティクス』、アクションをとるための『モビリティ』、安全なアクセスを実現する『セキュリティ』、これら3つをまとめて提供するのがMicroStrategy 10.3の特徴です」とアピールする。

まずアナリティクスに関しては、複数ソースのデータを組み合わせ、レポートやダッシュボードなどで分かりやすく可視化することが可能。すべてのアナリティクス機能をHTMLとネイティブモバイルクライアントで提供することにより、大量のデータに対してあらゆるデバイスからアクセスでき、なおかつ高度なビジュアリゼーションを実現する単一プラットフォームとなっている。

レポートの作成・カスタマイズ・配布が容易に行える各種ツールを備えているほか、OLAP機能でデータを高速に分析・操作できるのもポイント。データベースに無駄なSQLのクエリを発行することなく、スピーディーにデータのスライス&ダイスが行える。また、エンドユーザー自身で必要なレポートの作成・変更・保存をさせることも可能だ。これにより、開発・運用・管理にかかるIT管理者側の手間やコストを軽減することもできるという。

そしてもうひとつ、予測分析が行えるのも特徴だ。MicroStrategyのネイティブデータマイニング関数、350以上の統計関数や予測関数が用意された標準関数ライブラリに加え、R言語との連携により数千ものモデルを利用することが可能。各種データマイニング製品間で分析モデルの交換・共有が行えるマークアップ言語「PMML(Predictive Model Markup Language)」で作成した予測モデルのインポートにも対応している。

○ビッグデータ活用や地図連携機能も実装

さらにMicroStrategyは、近年注目が高まっているビッグデータを活用したアナリティクスも可能だ。分散処理を支えるHadoopの主要ディストリビューションをすべてサポートしており、コーディングやMapReduceの知識がなくても、クエリの実行やインメモリデータの一括読み込みなどが行える。また、Hadoop GatewayがHadoopとネイティブに接続するためODBC(Open Database Connectivity)の負担がなくなり、高パフォーマンスを実現できるという。Solrの検索機能と連携したビッグデータアナリティクスのさらなる高度化、ダイレクトなライブ接続やビッグデータのデータセットをインメモリのレイヤーにインポートすることも可能だ。

そのほか、デスクトップアナリティクスとビジュアリゼーション、数千人に対して配信できるパーソナライズされたドキュメント/レポート/ダッシュボード、豊富なウィジェットライブラリやD3との連携で美しいビジュアリゼーションを簡単に追加できるダッシュボードとスコアカードなども特徴となっている。

セイラー氏は「単純にデータを集めるだけでなく、能動的に扱えるのが大きなポイントです。ダッシュボードとスコアカードでは、地図連携により地図空間データを動的に描画し、さらに地図をデータのセレクターとして使えるなど、“インプットとしてのビジュアリゼーション”と“アウトプットとしてのビジュアリゼーション”の垣根をなくすことができます」と語った。

●BIをモバイルデバイスに展開
モビリティに関しては、「いくら洞察を深めても、アクションをとれなければ意味がありません。従来はアナリティクスといえばPCやWebブラウザでの使用が中心でしたが、世界的にモバイルデバイスが爆発的な普及を遂げた昨今、弊社ではこれらを使ったデータ活用に注力してきました」とセイラー氏は、モバイルアナリティクス/従業員の生産性向上/BtoBおよびBtoC向けなどあらゆるモバイルアプリが単一プラットフォームで実現可能なMicroStrategyの魅力を語った。

MicroStrategyでは、短期間でBIをモバイルデバイスに展開することが可能。操作性に関しては、Webベースより使いやすいモバイルデバイスに最適化されたプロンプトやフィルタ機能、タッチ対応およびジェスチャー操作などを挙げた。また、アプリレベル/画面レベル/項目レベルのセキュリティ機能、プッシュ通知の配信、ネットワーク非接続状態でもアプリが使えるオフラインモードも特徴となっている。

従業員の生産性向上アプリについては、情報システム/業務プロセス/Webアプリケーションをモバイル化することが可能だ。iOS/Android/Webで動作するネイティブアプリをノンプログラミング(ドラッグ&ドロップ)で構築できるほか、複数のデータソースやシステムからの情報をモバイルアプリに統合できる。アナリティクスに限らず、同じアプリ内からマルチメディアを呼び出したり、トランザクションの実行も行える。 BtoB/BtoC向けアプリに関しては、スプラッシュスクリーンやアイコンのカスタマイズ、App StoreやGoogle Playでのアプリ配信などが可能。セキュアかつパーソナライズされたアクセスを、数十万ユーザーに提供できるという。

「モバイルアプリによって、企業と顧客の関係性を改善できるケースはかなり多いといえます」と、セイラー氏はその有用性をアピール。さらに実際の導入事例として、オーストラリアのコモンウェルス銀行がクレジットカード加盟店向けに提供しているタブレットアプリ「Daily IQ」を紹介した。

○モバイルバッジでセキュアかつシームレスなアクセスを実現

セキュリティに関しては「セキュリティは現在もっとも加速している分野です。MicroStrategy Usherのモバイルバッジを使えば、さまざまなエンタープライズの資産へセキュアかつシームレスにアクセスできます」とセイラー氏は語った。

MicroStrategy Usherは、従来使われていたID/パスワードの代わりに、各種モバイルデバイスへモバイル・アイデンティティ・バッジを提供できる。これにより、スマートフォンを持ってPCやドアへ近寄るだけでロック解除が行えたり、パスワードレスでWebアプリケーションへのログインも可能。また、10万単位ものデジタルバッジを無償で配布できる、確実な利用履歴が残せる、パスワードのリセットや管理の手間が不要といったメリットがある。企業では勤怠管理表が不要となるほか、交通のトラッキングや学生の出欠確認などにも利用できるという。そのほか、近接機能や電話発行によるピン番号で本人確認が行えるため、顧客用システムにも活用が可能。これらの機能を使うことで、企業の生産性やカスタマーエクスペリエンスの向上が期待できる。

○「MicroStrategy」の機能をクラウド上で使える「Secure Cloud」

そしてもうひとつ、こうしたMicroStrategyの機能がクラウド上で使えるのも大きなポイントだ。同社が提供するMicroStrategy Secure Cloudは、米Amazon.comの「AWS(Amazon Web Services)」基盤でMicroStrategyを利用できるというもの。高度なパフォーマンスとセキュリティ、迅速な展開、スモールスタートができる拡張性などが魅力となっている。オペレーション範囲は5大陸11カ国におよぶため、グローバルビジネスを展開する企業も安心だ。

「デスクトップ用のトライアルでは、60分以内にWindows上にすべてのサーバをフルセットでダウンロードすることができます。実質的な作業時間は約5分だけで、あとはダウンロードが完了するのを待っていれば良いのです」とセイラー氏は、手軽に試せる強みをアピールした。

最後にセイラー氏は「皆さまが本当に画期的なアプリケーションを導入できるよう、弊社では今後も積極的に経営リソースを投入していきます。各企業や組織にはさまざまなニーズがありますが、これらを満たすアプリケーションが短期間かつ低リスクで実現できるMicroStrategyをぜひご活用ください」と語り、講演を締めくくった。

(エースラッシュ)