画像

写真拡大 (全2枚)

 サンスターは、ハブラシにアタッチメントを装着し、スマートフォンと連動させることで、歯みがきの時間を楽しみにかえるデジタルデバイス、「G・U・M PLAY」を4月18日に発売する。

 サンスターは、ハブラシに、ハブラシの動きを認識するアタッチメントを装着し、スマートフォンと連動させることで、歯みがきの時間を楽しみにかえるデジタルデバイス、「G・U・M PLAY(ガム プレイ)」の発売を4月18日より開始する。

 「G・U・M PLAY」は、「みがき方をみがく」をテーマに正しい歯のみがき方を身につけるための2つの機能「MOUTH CHECK(歯みがきの採点機能)」「MOUTH LOG(歯みがきデータの記録・分析)」を備えたデバイス。加速度センサーとBluetooth無線技術を搭載した「G・U・M PLAY」をハブラシに装着することで、歯みがき動作をリアルタイムにスマートフォンに伝送。口内の位置を16分割して認識し、独自のアルゴリズムによって歯みがきを数値化・記録する。

 また3つのスマートフォンアプリ、ゲーム感覚で歯みがきができる「MOUTH MONSTER」、歯ブラシが楽器に変わる「MOUTH BAND」、歯みがきの3分中にニュースを読み上げる「MOUTH NEWS」も用意されている。これらを活用することで、歯みがきを楽しみながら、自然に正しいみがき方を身に付けることができる。

MarkeZine編集部[著]